ブログトップ

横浜市:森の幼稚園&小学生アウトドアスクール かいじゅうの森船長日記

makadonia.exblog.jp

<   2012年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

天狗様とカラス天狗

 紅葉にはまだ早い鎌倉のロングトレイルに本日は挑戦。
 北鎌倉―建長寺―大平山―天園―鎌倉という通称鎌倉アルプスルートです。
d0227298_22505725.jpg

 今日のコースの特徴は、登り更に登りです。本日とくに頑張ったのが、かいじゅう男子達でした。女子のお弁当、水筒以外の荷物全てを背負込みました。当然リュックはパンパンでした。(中には、お弁当まで持ってもらったちゃっかりものの女子もいました)
d0227298_22562542.jpg

 大平山(鎌倉一標高の高い山)までが最大の難関でした。トレイルランニングをしているような、ロッククライミングをしているようなルートでした。
[PR]
by kaijyunomori | 2012-11-16 23:00

天狗様とカラス天狗

 紅葉にはまだ早い鎌倉のロングトレイルに本日は挑戦。
 北鎌倉―建長寺―大平山―天園―鎌倉という通称鎌倉アルプスルートです。
 本日は、小春日和の暖かな一日でした。富士山、大島の眺望も最高。年に数回あるかないか位の好天だったようです。
d0227298_22505725.jpg

 今日のコースの特徴は、登り更に登りです。本日とくに頑張ったのが、かいじゅう男子達でした。女子のお弁当、水筒以外の荷物全てを背負込みました。当然リュックはパンパンでした。(中には、お弁当まで持ってもらったちゃっかりものの女子もいました)
d0227298_22562542.jpg

 大平山(鎌倉一標高の高い山)までが最大の難関でした。トレイルランニングをしているような、ロッククライミングをしているようなルートでした。
d0227298_23103062.jpg

d0227298_23123288.jpg

 立体感をお伝えしたいのですが、この写真では上手く伝わらないのが残念。長谷のゴールデンコースよりも更にup &downが顕著なコースでした。怖くて降りられない箇所は、シリモチをついて下りました。滑ってもリュックが良いクッションとなり頭を保護してくれるので安心です。
d0227298_2317438.jpg

 最後のアイスがたまらない。次回同じコースに来た時もきっとこのアイスを楽しみに歩いてくれるでしょう!楽しい事、楽しみな事、面白い事、おいしい事を脳にどんどん刷り込みます。
[PR]
by kaijyunomori | 2012-11-16 23:00

ブルンブルン笛

 今日は少し前から作業を中断していた「ブルンブルン笛」を完成させました。ブルンブルン笛ってどんな音がするの?
d0227298_19394847.jpg

 ヒモの先端につけた筒をブルンブルンと回すことで音がなるのです。(今日知りましたが、インドネシアにも同じような楽器があるとのことです。アジアルーツのものなのでしょうか?)
d0227298_19424198.jpg

d0227298_1949246.jpg

 作るのは結構大変です。普通の幼稚園や小学校低学年は、主にハサミやテープ、ノリで切る、貼るが主な作業です。しかし我々は、ヘビー級です。ナイフで削る、ノコギリで切る、メウチで穴を開ける、紐を結ぶなど、まるで工作の百貨店です。
d0227298_19461344.jpg

d0227298_19492618.jpg

 前回も書きましたが、例えば年少の女の子はヒモを結ぶのが上手です。教え方を工夫することで、子ども達は更にいろいろな事が出来る可能性が広がりそうです。
d0227298_19533352.jpg

 今回は、初めて松ヤニを使用しました。ヒモが回転する箇所の摩擦度を上げるためです。松ヤニの溶かし方、その時発生する臭いなど、興味・関心が湧く工作でした。冷えて固まった松ヤニを大切に持って帰る子もいました。溶けて固まる、魔法の石のような感覚なのでしょうか?
[PR]
by kaijyunomori | 2012-11-15 19:51

野鳥の宝庫

 今日は三溪園に行ってきました。この時期、越冬の為に飛来した鳥を身近に見ることが出来ます。今日子ども達が見た鳥たちを紹介しましょう。ご家庭で話題になればと思います。紅葉を見に三溪園に行く際、是非大池に立ち止り、コイだけでなく鳥たちにも関心を持って頂ければと思います。子ども達はクイズ大好きです。

d0227298_19432819.jpg

 キンクロハジロ:目が金色、頭が黒、羽先が白が名前の由来です。
d0227298_19461237.jpg

 マガモ:頭が緑色なのが特徴です。光の具合によっては、青や紫に見えます。
d0227298_19481889.jpg

 オナガガモ:長い尾羽が特徴です。
d0227298_1951590.jpg

 カワウ:長良川の鵜飼いが有名です。カワウの潜水時間を子ども達と一緒に声を出して数えました。魚を捕まえるとすぐ上がって来ますし、そうでなければ30秒程潜っていました。

 三溪園に飛来するカモ類は、大きい上に身近に観察することが出来ます。バードウォッチングなど興味がないかもしれません。それでもこの小さい鳥が海を渡り日本にやって来たことを親子で話すだけでもロマンを感じます。また地図を見ながら生息地など確認すると、世界が身近に感じられるのではないでしょうか?動植物園には、必ず世界地図があります。世界を意識する良いチャンスです。身近な自然観察をすることで、世界とつながるダイナミックさを味あわせたいです。

d0227298_2043733.jpg

 マテバシイの葉で作った鳥です。草遊びの一種です。伸び盛りの子は、僕が伝えたことをドンドン吸収していきます。指先も器用だし、頭の中の想像力も逞しくなってきているのだと思います。かいじゅうの森の活動で、子ども達の中で何かがリンクし、開花出来れば本望です。
 今回のバードウォッチングではないですが、より多くの五感を刺激するシャワーを浴びせ続けたいです。
[PR]
by kaijyunomori | 2012-11-14 19:53

ビオトープ作りに近々挑戦!

 下の3枚の写真をご覧ください。使用前・使用後のかいじゅうハウス前の写真です。倉庫の位置にご注目!


d0227298_18452433.jpg

 黒いテントの後にある3ケの倉庫にご注目下さい。
d0227298_18483856.jpg

 まず真ん中の倉庫が移動し消えました。
d0227298_18495469.jpg

 左2つの倉庫が消え、右にあった倉庫が左に移動しました。入口も90度移動です。

 空いた空間にビオトープ用の池を掘る予定です。右手にあるビワの木の下あたりに池の位置を予定しています。楽しそうじゃありませんか?ビオトープとして定着するのにどれくらいの期間が必要かわかりませんが、トンボ、カエル、メダカ、鳥たちが集う空間になればと思います。
 池を掘るエリアを確保しただけで、何も作業に取り掛かっていませんが、頭の中に勝手に絵が出来上がり嬉しくなって、ブログにアップしました。ご期待下さい!
[PR]
by kaijyunomori | 2012-11-14 18:56

クリスマスソング

 もう季節は秋というより冬です。日差しがあれば暖かですが、風は冷たいです。「♪北風小僧の寒太郎♪」が似合う季節になってまいりました。

d0227298_2017097.jpg

 子ども達は、クリスマスソングの仕込中です。日英2か国語の歌を練習しています。各家庭でもうるさいくらい繰り返している子もいるようで,かなり歌詞も覚えてきました。今日は英語の歌詞の2番も練習です。クリスマス会にお披露目予定です。サンタさんが3本足のトナカイを連れてやってきます。今から楽しみです。
d0227298_2024461.jpg

 マルコスさんのリュックには、様々な楽器が入っています。ご自宅にある世界の楽器を見せて頂けます。最初に見せて頂いたのは、なんとジャパンの拍子木です。寒いこの時期「火の用心」の掛け声と共にお馴染みの音です。改めて木を打つ音を聴くと新鮮でした。

d0227298_2034387.jpg
d0227298_20354619.jpg

 今年のみんなは昨年より更にレベルが上です。作業できる範囲・能力の幅が広くなってきました。今日は、こんな作業能力が必要でした。①穴が開いたドングリにタコ糸を通す②ヒモを結ぶ 簡単なようで難しいです。(女の子は、お弁当のハンカチを結ぶなど既に毎日練習中です。)昨年からやりたいと思っていたロープワークも近い内にスタート出来そうです。
d0227298_2040081.jpg

 ドングリをグルグル回し、勢いがよくなったところで、タコ糸を上下にピーンと張ります。誰が一番長くドングリがグルグル回っているかの競争です。回すには手首のスナップ使いが必要です。作るのも簡単、遊ぶのも簡単です。でもコツが必要なところが、ミソです。
 様々な方法で五感を刺激し、心と共に地頭も育んでいきたいです。
[PR]
by kaijyunomori | 2012-11-13 20:47

創造する力

 今日は昨日の五感講座で高橋先生に教えてもらったテーマを念頭に活動しました。大いに吸収し自分のものにしたいです。
d0227298_1857510.jpg

d0227298_18544184.jpg

 ススキで作った傘は、大人と一緒にナイフを持ちながら作りました。簡単だけどコツが必要です。笹舟に関しては、子ども達が自分で作りました。前回のクズでムカデを作るなど、身近にある素材でいろいろと遊び道具を作ることが出来るようになってきました。遊び心を更に刺激する事でしょう。
d0227298_1931053.jpg

 大好きな崖登りもみんな登頂出来るようになりました。高い所に登ると副交感神経も活発に働き子どもの成長に有用とのことです。子どもの成長に何が不可欠か?実は見落とすような些細な事の積み重ねです。そんな些細だけれど重要な事が、多様性と複雑系の自然界には満載です。
d0227298_19401193.jpg

d0227298_19403013.jpg

 秋の味覚の一つムベの収穫です。山頂公園にある最後のムベでした。でもムベがどんな食べ物か?どんな味がするのか?は、ちょっと味見してみれば充分でしょう。戦後と違い、おいしいものが溢れている現代ではわざわざ食べる必要はないかもしれません。しかし食育の観点で、自然由来の甘みを知るということは大切なことです。味覚障害児が少なくない現代っ子には、是非お試し頂きたいです。
[PR]
by kaijyunomori | 2012-11-12 18:58

五感講座 高橋先生

 今日は、五感教育研究所の高橋先生を招いての五感講座が本牧山頂公園で開かれました。12家族40名近くにご参加頂きました。ありがとうございました。
d0227298_17582549.jpg

 自然の中の五感教育が子ども達にどういう効果を期待できるのか、実践も交えてわかりやすく説明頂きました。複雑系と多様性の自然界の中で子ども達をどのように教育するかというのが大きなテーマです。
d0227298_17533581.jpg

d0227298_1894071.jpg

 高橋先生の講座に参加すると、季節ごとの旬のモノを如何に効果的に子ども達に伝えていくかということも含めて勉強になります。歌あり、手先を使うworkあり、自然界の学習ありと大きなヒントをいくつも頂きました。今回のような機会を引き続き設けたいと思います。引き続きご支援よろしくお願い致します。
[PR]
by kaijyunomori | 2012-11-11 18:17

太陽は星!

 今日は月に一回のドゥイのart workshopの日です。子ども達も楽しみにしています。
d0227298_2237866.jpg

d0227298_22391983.jpg

d0227298_22402459.jpg

 本日のドゥイのお2人からのお題は、「太陽は星」です。黒紙に画びょうで穴を開け、後ろからカラーセロファンを貼ります。光にかざすと、太陽光が星のように輝きます。なんだかクリスマスの準備のようでした。
d0227298_22441452.jpg

 みんなの取り組み中の姿勢は真剣でとても集中していました。マットの上に黒紙を置き、模様を描くように、画びょうで穴を開けます。
 ドゥイの二人からのかいじゅうkidsに高評価を頂きました。集中力があること、食いつき良い事(なんでも興味関心を持つ姿勢)です。多くのお子さんを指導している方から、褒めて頂いて嬉しいです。4月からの体験が熟成しそろそろ旨味を出す頃でしょうか。

d0227298_22543359.jpg

 午後は、春に向けてハナナという菜の花のタネを播きました。黄色い花が咲き乱れるでしょうか?今から楽しみです。また早めに刈って、おひたしにするのも春を体内に取り込むようで嬉しいです。かいじゅうハウスが年中花が咲き乱れるよう少しずつ改善していく予定です。

 今週一週間もお疲れ様でした。かいじゅうkids、かいじゅうファミリーの皆様!
 こども造形教室を運営されているドゥイさんのアクセスはこちら↓
 http://www.duilab.com/
 
[PR]
by kaijyunomori | 2012-11-09 22:49

深まりゆく秋

 今日はアルパカコース(栄高校→アルパカ牧場コース)最短距離でおおよそ6-7kmです。子ども達はもっと歩いていることは確実です。
d0227298_202598.jpg

d0227298_20255216.jpg

 円海山コースの目的の一つはこの巨木に登る事。登れることが実力の証です。今日はなんと4人が登れました。かいじゅうでは、この巨木と青竹を登れると「木登り名人」の称号が付きます。今日は2人認定です。次回来るとき、更に2-3人登れそうです。1学期には、全く登れなかったのに、日頃の成果が結集したようです。
おめでとう!
d0227298_20295450.jpg

 深まりゆく秋を感じます。落葉樹が紅葉し、これから冷え込み更に美しくなろうとしているところです。また耳を澄ませば、渡鳥たちのにぎやかな声が山中にこだましています。カケス、ウソ、シジュウカラ、マヒワ、カワセミ、オオタカなど身近に感じることが出来ます。バードウォッチャーの方も子ども達にご自分の写真を見せてくれて、鳥の簡単な説明もして頂けます。個々の鳥の事は覚える必要はありませんが、身近に感じ環境に身を置くことで学ぶことも多いです。
d0227298_20363022.jpg

 こんなに寒くても川遊びです。サンダルを川に流し船に見立てて遊んだり様々です。着替えがあるので、全身が濡れたとしても平気です。みんな躊躇なく遊んでいます。
d0227298_20524315.jpg


 今日の子ども達はフットワーク軽く、お弁当も軽快に食べ気持ち良くこのコースを周ることが出来ました。年明けには、氷取りの為更に長いコースを周ります。今日の様子を見ていると心強いです。日々の活動がいろんな所で結実しているようで、大変頼もしいです。

 アルパカ牧場では、エサやりも出来ました。コスモス街道も満開で、のどかな田舎の風景を味わうことが出来ました。お天気にも恵まれました!
[PR]
by kaijyunomori | 2012-11-08 20:52