ブログトップ

横浜市:森の幼稚園&小学生アウトドアスクール かいじゅうの森船長日記

makadonia.exblog.jp

<   2012年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

真夏日

 台風一過にて本日は、真夏日なり!
 今日は写真を見てもわかるように、こんな青空は年に何回もないでしょう!この時期ならではの、とても気持ち良い空でした!

 今日みたいな真夏日は、「水」に限ります。子ども達は水と戯れました。こんな日は水しかないです。風も気持ち良かったです!
d0227298_20303212.jpg

 無人の公園にプールを用意し、水遊びです。子ども達もまさかいつもの広場にプールが用意されているとは思いもよろず、大変喜んでくれました。空の蒼さと緑、そして子ども達のこの風景が絶妙です。

d0227298_20355650.jpg

 いつもの公園の大きなサルスベリが昨日の台風で横倒しになっていました。大きな箒のようです。こんな大きくて硬い木が折れてしまうなんて、台風の凄さにお手上げです。

d0227298_20514919.jpg

 生き物にとっても、この台風は大打撃です。山頂公園内の大きな木がこれまたなぎ倒されていました。ハシボソガラスの巣も木もろとも倒され、親鳥から離れてしまいました。別の木に巣ごと移しましたが、果たして親鳥がうまくこのヒナにたどり着いてくれるでしょうか?次の機会に確認してみます。ちなみに動物園に問い合わせたところ、カラスは積極的に保護していないとのこと。
[PR]
by kaijyunomori | 2012-06-20 20:45

次年度入園説明会

 本日は、十分な案内も行き渡っていないのに当園説明会に多数お集まり頂きありがとうございました。写真を撮っていないので、写真なしのアップになりますが、この場を借りてお礼申し上げます。

 第3期生の募集が出来るような環境になったこと、大変ありがたく思います。次期説明会は、9月に予定しております。詳しい日程が決まりましたら、ホームページでご案内させて頂きます。

 また、本日ご質問がありました「たまごクラブ」の9月募集に関しても近日中に公開致します。合わせてよろしくお願い致します。
[PR]
by kaijyunomori | 2012-06-20 20:08

リズムを刻む

 今日もマルコスさんのworkshopでは、子ども達は弾けていました。
 今回のテーマは、「リズム」でした。僕たちは、いろいろなリズムの中で生きている、と。例えば波、呼吸、心臓の音もリズムです。地球のリズム、身体のリズムでもあります。そんな本来各自が持っているリズムを引き出す。そんなworkshopでした。
d0227298_19453336.jpg

 手拍子や足音、ジャンプなどいろいろな動作でリズムを刻んでいきました。
d0227298_19541631.jpg

 マルコスさんの手拍子や足踏みに一生懸命合わせています。心臓のビートに合わせてリズムを刻んでいます。
d0227298_1956333.jpg

d0227298_20211595.jpg
 
 弾けている表情、そして 真剣なまなざし。どちらもいい顔をしています。頭で考えるというよりは、身体全体で感じる、表現している、という言い方がぴったりでした。
d0227298_2024612.jpg

 マルコスさんの奏でるタンバリンが、まるで「ハーメルンの笛吹き」のように子ども達を誘います。大きく手拍子する子、頭を激しく揺らす子など、子ども達が我を忘れたようにリズムに身を任せていました。

 facebookには、更に多くの写真を載せていますが、どの子の表情も本当に活き活きとしています。僕も子ども達と一緒に手や足、身体を使ってリズムを刻みました。音楽が苦手だった僕も、こんな幼少時から素敵な時間を過ごしていたら、音に対するイメージももっと柔軟に素直に持っていたかもしれません。身体から湧き出る、とても心地よいです。

 僕は小学生の子どもが2人いますが、是非かいじゅうの森に戻ってきて、共にこの時間を過ごして欲しいと思う位です。

 
[PR]
by kaijyunomori | 2012-06-19 19:47

台風week

 今週は、台風weekです。明日からは、雨。今日は、新メンバーも加わったので、楽しい三溪園、デコイチコースに出かけました。
d0227298_21258100.jpg

 三溪園は、菖蒲の花が咲き乱れていました。大変美しいです。僕の大好きな花です。また菖蒲は、男子の花でもあります。
d0227298_21103335.jpg

 先日元町プールで捕まえたヤゴが羽化したのでしょうか?シオカラトンボを捕まえました。ちなみにかいじゅうハウスのギンヤンマのヤゴ3体は、全て羽化しました。今日も抜け殻を一つ確認済です。
d0227298_21153310.jpg

 なんとカブトムシのメスを発見です。マンションから抜け出した?それともトンボ池の林から生まれてきた?いずれにしろ、嬉しい発見です。しかし子ども達は、意外とビビり触ろうとしません。弱虫!子どもにとって、カブトムシは昆虫の王様のはずです。
d0227298_2122397.jpg

 昨日と同じように大変蒸し暑く、こんな日はやっぱり水遊びになります。おやつ前の時間を利用しました。同じ体験をすると子ども同士の親近感は抜群に高まります。

 さて、最後に今日の本読みは、身近な鳥のお話でした。普段よく見かける鳥がたくさん出ていました。昨年からいるマンバーだとほとんど見分けがつきます。また鳴き声も真似て見せます。素晴らしいです。しかし、かいじゅうの森では、名前を覚えることは重要視していません。それよりもその個体に興味を持ち、いろいろな視点で観察することなどを大切にしています。観察力、洞察力が磨かれればと思っています。モノを見る目、ヒトを見る目など養うことが出来るかもしれません。

 明日は、マルコスさん&タビーちゃんの時間です。聴覚などいろいろな感覚が肥えてくれればと思っています。
[PR]
by kaijyunomori | 2012-06-18 21:03

はわいあんcafe&キャンドルナイト

 本日は、お忙しい中「はわいあんcafe & キャンドルナイト」に足を運んで頂いた皆様ありがとうございました。天気も開始時間には、雨が上がり蒸し暑い一日になりました。カフェのメニューも本格的で僕の知らないものばかりでした。本場仕込みです。
d0227298_205625100.jpg

 キャンドルも500本近く明かりを灯しました。子ども達も一本一本丁寧に火を灯してくれました。ありがとう!
[PR]
by kaijyunomori | 2012-06-17 20:57

カレーパーティー

 先週収穫したジャガイモでカレーパーティーです。自分たちでジャガイモ、ニンジン、タマネギも調理しました。女の子の中には、エプロンを持参した子もいました。全員が包丁を持ってカレー作りに参加しました。

d0227298_903016.jpg

 刃物使いは、慣れることが上達の近道です。女の子は、みんな上手く包丁を扱っていたようです。男の子にも上手な子はいました。男女問わず調理する事、食べる事はみんな大好きです。タマネギを切る時は、さすがにみんな涙目になっていました。
d0227298_952168.jpg

 カレーは、小学校の給食室にあるような大鍋で作りました。この鍋は、魔法の鉄鍋です。火の通りが良くなるので、ジャガイモなどホクホクで更においしくなっていました。
d0227298_9103111.jpg

 待ちに待ったカレーです。食べ始めたのが12時半頃、みんなお腹がぺこぺこです。おかわりする子も続出です。たくさん頂きました。カレーの他にクズの天ぷら(クズ粉のクズです。かいじゅうハウスで採りました)、フルーツポンチ、差し入れのナンにゼリーと超豪華なメニューでした。
d0227298_9184764.jpg

 おいしさ全開顔です。みんないい笑顔でした。
d0227298_9232749.jpg

 帰り間際に次の収穫のために、サツマイモを植えました。秋頃収穫の予定です。畑ももう少し拡張の予定です。失敗してもいいので、いろいろな野菜に挑戦したいです。採れたて野菜を食べると、新鮮で野菜嫌いもなくなるのではないでしょうか!子育てでも、野菜作りでも、何かを育てるというのは、未来が楽しみになり、心を育てる良い肥やしになりますね。(ちなみにトマトも順調に成長しています。夏のお楽しみです。)
[PR]
by kaijyunomori | 2012-06-16 09:14

木登り名人誕生 会員番号2

 今日新たに木登り名人が誕生しました。木登り名人認定です。昨年のサラコに次いで2人目です。おめでとうございます。基準は、普段の木登り能力と青竹が登れること、そして今日行った板根エノキに登れることです。他の子達も次々と認定が受けられるよう頑張って欲しいです。
d0227298_20362993.jpg

 リーダー3人が登っているところです。昨年度まで3人のうち1人しか登れなかったので、大きな成果です。次の学年のサブリーダー3人は、全く登れないので、来年心配です。がんばれ!
d0227298_20421321.jpg

 この季節は、春と夏の変わり目ですが、チョウの場合も同様です。春のチョウと夏のチョウが交じって飛んでいます。大変残念ながら、円海山のような一見自然が残っているエリアでもチョウが減少しています。大きな警告です。アゲハ類に関しては、かいじゅうハウスのエリアの方が多いくらいです。こんなところからでも自然の警鐘が感じられます。
d0227298_20493655.jpg

 本日の写真ではないですが、テングチョウの頭部の写真です。頭部が天狗の鼻のように突起しているのが特徴です。他のチョウを知っていれば、驚きです。是非比べてみて下さい。
d0227298_2053466.jpg

 横浜最高峰の大丸山で昼食をとりました。途中適当な場所がなかったので、昼食をとったのは、12時半ごろでした。子ども達は、たくさん歩いて腹ペコでした。みんなご飯をいつもより早くきれいに食べてくれました。よっぽどお腹を空かせていたみたいです。「男は我慢、女も我慢」と僕に言われみんながんばって歩いてくれました。昨年からのメンバーはもちろん、年少でもフットワークの軽い子もいます。いろいろなところに行きたいので、是非全員が歩きとおせるくらいになって欲しいです。
[PR]
by kaijyunomori | 2012-06-14 21:01

音当てクイズ

 マルコスさんの音の世界は、毎週子ども達が楽しみにしている時間です。さぁ、今日もsound workshopが始まりました。

d0227298_2042324.jpg

 今日の題目は、音当てクイズでした。身近にあるモノが奏でる音がなんなのかを当てるゲームです。普段は全く注意を払っていないけれど、どこかで聞いた事がある、そんな音のクイズでした。
d0227298_21534570.jpg

 みんなマルコスさんに背を向けて、どんな音が聞こえてくるのか耳を澄ませます。ビンを叩く音、ヤカンのフタ、割りばし、水、新聞紙を破る音、マジックテープ、歯磨き(をする時の音まで!)などなどです。絶対聞いたことがある音ばかりだけど、何の音かわからないものです。普段意識していないところに焦点を当てると新鮮さ倍増です。
d0227298_2202089.jpg

 クイズが終われば、実際どんな音が出るのか自分たちで地際触って確かめました。
d0227298_2295042.jpg

 息を吹きかけて微妙な加減で音が出たり出なかったりします。そんな加減具合も学びながら、真剣にあれこれと試しています。いい表情です。
d0227298_22122523.jpg

 マルコスさんの奏でる音に、自然とみんなが集まります。様々な素材で出来た鈴の音も聞いてみました。欧州の牧場で、羊や牛を飼う時にベルを付けますが、それぞれが特徴ある音のベルを付けているようです。ベルの音の違いだけでも、他の羊や牛たちと区別が出来る程とのことです。ベルを付けた家畜がいることを知っている方は多いと思いますが、そんな違いまで気を配る方は稀なはずです。こんな小噺を聴くのも楽しいひと時です。

 毎回異なった企画をして下さるので、僕たち大人もこの時間が楽しみです。どの子も良い耳をしています。聴覚にも、意識を働かせることでまさに見えないものが見えてくる、そんな世界です。
[PR]
by kaijyunomori | 2012-06-13 20:47

ヤゴ採り名人

 今日は、元町プールでヤゴ採りです。夏直前、清掃前のプールでヤゴをたくさん回収しました。
 本日の企画は、「とんぼの飛び交う街づくり」のご好意で実現しました。チョウやトンボも立派な身近な野生動物です。自然環境のバロメーターにもなります。
d0227298_2014565.jpg

 天気は雨。しかしこれくらいの天気でも、子ども達は平気です。落ち葉が溜まりヌルヌルするプールに入るだけでも勇気がいるようです。しかしプールに入れば、ヤゴがすいすい泳いでいるのがすぐわかります。大きい子達は、ヤゴ採りに夢中になっていました。40-50匹採った子もいるようです。
d0227298_20333192.jpg

 ちょっと苦手な子達は、プールサイドのトロ箱でヤゴを採っています。今回回収できなかったヤゴ達は全て、排水溝から流されてしまい、トンボとして空を舞うことは出来ません。
d0227298_2041113.jpg

 ヤゴを見るのも触るのも初めての子ども達です。咬まない、はさまないの確認が出来るまで触れない子もいました。このようにひとつひとつ経験を積み重ねていくことで、たくましくもなりまた賢くもなっていきます。
d0227298_20532585.jpg

 元町プールで採れたのは、シオカラトンボ、アキアカネ(赤トンボ)、ギンヤンマ、イトトンボの4種類です。ギンヤンマのヤゴは、子どもの手のひら程の大きさです。採取したヤゴは、三溪園裏のとんぼ池に放します。また一部はかいじゅうハウスに運び込みます。
d0227298_20592065.jpg

 沼や池など自然界の中では、なかなかヤゴを採ることは出来ません。見ることさえ出来ないのが今の現状です。そのような中、今回のような機会を作って頂いたのは非常にありがたいことです。次年度以降にもつなげていきたいと思っています。平日のお忙しい中、お時間を割いて頂きありがとうございました。「とんぼの飛び交う街づくり」の会の目的のように、身近にトンボにも接する事が出来るような本牧や横浜であって欲しいと強く思います。今回はかいじゅうの森ようちえんだけの参加でしたが、もう少し輪を広げることが出来ないか考慮したいと思いました。

 いずれにしろ、ヤゴ採り名人の誕生です。めでたし、めでたし!
[PR]
by kaijyunomori | 2012-06-12 21:02

色鉛筆作り

 梅雨入りです。植物も動物も成長する大切な時期です。かいじゅうの森が活動するには、不自由さを感じる時もありますが、この時期ならではのモノを見ることが出来る貴重な時期です。良い面をとらえて、過ごしていきたいです。

 さて、今日は色鉛筆を作りました。ナイフを使うことがテーマです。13人の園児たちは、各自自分のナイフを持っています。宝の持ち腐れにならないようナイフの使い方を学びます。

d0227298_20472058.jpg

 目標は、こんな風に先を尖がらせることです。今回の木は、木肌が美しいサクラを使っています。外皮の部分は、硬いですが少しずつ削っていくとやがて写真のようになります。ここまでくれば後は色付けをして完成です。

d0227298_20532555.jpg

 年少でもこの手つき!見て下さい。お見事です。この手つきだと指を切ることはまずありません。安心してみることが出来ます。年少は恐らく初めてナイフを使っていると思いますが、上手い子はコツを掴むのも早いです。素晴らしい!

d0227298_20595579.jpg

 大人2人で一人一人ゆっくり教えていきます。まさに手取り足取りです。本日指を切ったのは、3人です。ちょっとケガをしますが、これから慣れてくれればすぐに上達します。

d0227298_2141581.jpg

 ナイフ使いで更に大切なのは、この集中力です。子どもにも危ないモノを使用しているという緊張感があるので、この集中力が生まれます。かいじゅうkidsは、小学校に入学しても授業中にイスに座っていられないとうことは、ないでしょう。様々な環境で集中力を養います。ある小学校の先生が、入学前の子どもに求めることは、2つだと聞いたことがあります。1.コミュニケーション力 2.集中力です。この2つがあれば、学力もすぐに伸びるとのことです。かいじゅうの森では、もちろんこの2つを最重要視しています。

 明日は、元町プールでヤゴ採り採りの予定です。初企画です。楽しみです。
[PR]
by kaijyunomori | 2012-06-11 21:12