ブログトップ

横浜市:森の幼稚園&小学生アウトドアスクール かいじゅうの森船長日記

makadonia.exblog.jp

ウミガメワークショップ

かいじゅうの森ようちえん:ウミガメワークショップ
d0227298_22452913.jpg
d0227298_22390944.jpg
 えのすい及びなぎさの体験学習館の強力なバックアップのもと、ウミガメワークショップを開催!
d0227298_22492147.jpg
d0227298_22503751.jpg
  園児も小学生も必死たくさんメモをとりました。小学生は、夏休みの自由研究として、園児は、ウミガメ博士になるために。こんな内容のお話でした。

 爬虫類とは?
 うろこの話。
 変温動物とは?
 ウミガメの体温は?
 世界中にいるウミガメの種類は?
 寒いところが苦手なウミガメがわざわざ日本に来るのはどうして?
 ウミガメのオスメスが決まるのは、産卵する砂場の温度次第?
 たまごは一度に何個産むか?
 大人になるにはどれくらいかかるか?
 それぞれのウミガメは何を食べる?
 食べ物に起因するアゴや口の特徴は?
 オスメスの見分け方?
 陸のカメとウミガメの違いは?
 カメの足のつめは何本?

 どうですか?この質問の数々。高校生級です。大学生にもなれる?こんな話を実物で確認しながら、実際飼育をしているお姉さんからお話を伺いました。
d0227298_22514767.jpg
 なぎさの体験学習館では、クサガメを一緒に見ながら、ウミガメとの共通点、異なる点など学びました。共通点を学ぶことで、カメの特徴をよりわかりやすく学習出来ました。
d0227298_23015888.jpg
d0227298_23011406.jpg
d0227298_23030076.jpg
 最後にアオウミガメにエサをやり、本日のプログラム終了です。今日のおやつはチンゲンサイでした。
 100分弱の内容の濃い時間でした。メモする内容が多くて、子どもの頭の中もウミガメのことでぎっしりでした。

 今回のワークショップの狙いは、子どもにも大人気のウミガメを通して、①生態を知る、②地球環境を知る、③ウミガメを通して世界を知るの3点がありました。短い時間でしたが、講義の内容は、ウミガメ関連の本を数冊まとめるよりも濃い内容でした。小学生には、夏休みの自由研究として是非今日の内容をリポートにまとめてもらい、えのすいにフィードバックする予定です。次回は、更に1段深いところも学習したいです。後篇につづく・・・です。

●●●かいじゅうの森ようちえん:横浜市中区の幼稚園:森のようちえん●●●
http://www.kaijyunomori.com/


[PR]
by kaijyunomori | 2015-07-24 23:05
<< 忍者キャンプ 1日目(8月5日) 虫取りお泊り会(カブトムシ、ノ... >>