人気ブログランキング |
ブログトップ

横浜市:森の幼稚園&小学生アウトドアスクール かいじゅうの森船長日記

makadonia.exblog.jp

野毛山動物園ジャック!

雨の中、野毛山動物園を貸し切り!
d0227298_2018786.jpg
 シマウマを見ていつも思うのは、下地は黒なのか白なのか?お腹を見ると白いので、白かと思っていましたが、背中を見ると黒。黒字に白の縞模様があるのかもしれません。
d0227298_20223967.jpg
 鳥の耳。哺乳類のように外耳はないけれど、ちゃんと耳の穴が開いていました。鳥の視覚はものすごくいいようだけれど、聴覚はどうなのだろう?新しい質問出来ました。
d0227298_20295175.jpg
d0227298_20361016.jpg
 同じネズミの仲間でもおっぱいの数が違う!ハツカネズミは10個、モルモットはわずか2個。なんでも良く見て比べて見ないと気付かない。尻尾の長さも違う。ハツカネズミは、長くモルモットはあるかないかわからないくらい。バランスが上手くとれないモルモットは、高い所が苦手など、尻尾に注目するだけでも面白い!
d0227298_20411458.jpg
 比内鶏など一般の鶏の仲間の足の指は、4本、しかし烏骨鶏は、5本とこれまた同じ仲間なのに数が違う。
 今回は身近な動物なのに、新しい事にたくさん気づきました。
 同じ哺乳類でも、二本足で歩くもの、海で生活するもの、空を飛ぶものなど様々。長い時間をかけてそれぞれの環境に適応することで、どんどん枝分かれしていきました。普段からの自然観察、また動物園、水族館、博物館など行くことで、ヒトを含めた生物の新しいことをどんどん吸収することが出来ます。翻って、自分達現在のヒトはどうなのか?そんなことにも考えが及び、我々はどう歩むべきなのかどうあるべきなのかという根本的な事にも大きなヒントを与えてくれるように思います。奥深し動物園!
by kaijyunomori | 2013-11-07 20:58
<< 迷路作り(クリエイティブな遊び... 動物園ガイドツアー >>