ブログトップ

横浜市:森の幼稚園&小学生アウトドアスクール かいじゅうの森船長日記

makadonia.exblog.jp

秘密兵器?

 雪かと驚かされましたが、ただの雨でした。立春も過ぎたので、そろそろ梅が咲き始めるでしょうか?秘密兵器?↓
d0227298_2004527.jpg

d0227298_2021325.jpg

d0227298_2033985.jpg

d0227298_20252282.jpg

 今日の午前中は、雨の影響の為かいじゅうハウス内で遊具で遊びました。子ども達のsweet spotにはまったようで、この秘密兵器にみんな群がりました。さながらラットが押し合いへし合いしながらぎゅうぎゅう詰めにもみ合っているようでした。お昼もこの狭い遊具の中でとりました。10人が食べるには当然狭すぎます。最終的に意地の強い子が中に残ってがんばって食事をとりました。
 よく個性を伸ばそうという言葉を聞きますが、この子達を見ていると敢えて伸ばす必要のある子などいないように思えます。充分個性的過ぎます。個性さえ潰さなければ、充分ユニークでオリジナリティー溢れる人間になれるでしょう。
d0227298_2095554.jpg

 午後からは、コマ回しと名文暗唱です。
 コマに関しては、簡単な遊びです。コツさえつかめば誰でも出来るものです。しかしそのコツを掴むのが難しいです。繰り返し試行錯誤することで、考える力も継続力も自己実現力もついてきます。単なる遊びから学ぶものは多いです。3月のコマ回し大会までにみんな果たしてコマを回すことが出来るでしょうか?!
 名文暗唱『雨ニモ負ケズ』を今年の課題にしました。しかし、ほとんどの子がすでにほとんどを暗記しています。お風呂でお母さんと一緒に暗唱の練習をしたりそれぞれの家庭でいろいろと工夫をしているようです。以前にも書きましたが、名文美文には日本語独特のリズムがあります。そんな生きたリズムを身体に刻んでくれたら良いと思っています。声に出して読んでいるとその心地良さがわかります。身体で覚えるという体験が難なく出来るようです。
d0227298_2017127.jpg

 雨の日のかいじゅうハウスは、洗濯干し場のようにカッパが所狭しと吊るしてあります。この時期になると子どもにとって雨は、それほど苦痛ではないようです。その代わりに、通り道の様々な材料を元にクイズして歩くと、子ども達の観察力、洞察力がとてもupしていることに気づきます。子ども達が見つけるものから学習することは日常茶飯事です。
[PR]
by kaijyunomori | 2013-02-06 20:20
<< 鎌倉ゴールデンコース sound hunting! >>