ブログトップ

横浜市:森の幼稚園&小学生アウトドアスクール かいじゅうの森船長日記

makadonia.exblog.jp

ヤゴ採り名人

 今日は、元町プールでヤゴ採りです。夏直前、清掃前のプールでヤゴをたくさん回収しました。
 本日の企画は、「とんぼの飛び交う街づくり」のご好意で実現しました。チョウやトンボも立派な身近な野生動物です。自然環境のバロメーターにもなります。
d0227298_2014565.jpg

 天気は雨。しかしこれくらいの天気でも、子ども達は平気です。落ち葉が溜まりヌルヌルするプールに入るだけでも勇気がいるようです。しかしプールに入れば、ヤゴがすいすい泳いでいるのがすぐわかります。大きい子達は、ヤゴ採りに夢中になっていました。40-50匹採った子もいるようです。
d0227298_20333192.jpg

 ちょっと苦手な子達は、プールサイドのトロ箱でヤゴを採っています。今回回収できなかったヤゴ達は全て、排水溝から流されてしまい、トンボとして空を舞うことは出来ません。
d0227298_2041113.jpg

 ヤゴを見るのも触るのも初めての子ども達です。咬まない、はさまないの確認が出来るまで触れない子もいました。このようにひとつひとつ経験を積み重ねていくことで、たくましくもなりまた賢くもなっていきます。
d0227298_20532585.jpg

 元町プールで採れたのは、シオカラトンボ、アキアカネ(赤トンボ)、ギンヤンマ、イトトンボの4種類です。ギンヤンマのヤゴは、子どもの手のひら程の大きさです。採取したヤゴは、三溪園裏のとんぼ池に放します。また一部はかいじゅうハウスに運び込みます。
d0227298_20592065.jpg

 沼や池など自然界の中では、なかなかヤゴを採ることは出来ません。見ることさえ出来ないのが今の現状です。そのような中、今回のような機会を作って頂いたのは非常にありがたいことです。次年度以降にもつなげていきたいと思っています。平日のお忙しい中、お時間を割いて頂きありがとうございました。「とんぼの飛び交う街づくり」の会の目的のように、身近にトンボにも接する事が出来るような本牧や横浜であって欲しいと強く思います。今回はかいじゅうの森ようちえんだけの参加でしたが、もう少し輪を広げることが出来ないか考慮したいと思いました。

 いずれにしろ、ヤゴ採り名人の誕生です。めでたし、めでたし!
[PR]
by kaijyunomori | 2012-06-12 21:02
<< 音当てクイズ 色鉛筆作り >>