ブログトップ

横浜市:森の幼稚園&小学生アウトドアスクール かいじゅうの森船長日記

makadonia.exblog.jp

<   2015年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

卒園式&卒園パーティー!!!涙が止まらない!

かいじゅうの森ようちえん:最高のメンバー達と最高の時を過ごしました。大人も子供もみんなご機嫌でした!
d0227298_21374124.jpg
 卒園生達の華やかな装いに目頭が熱くなりました。こんな頼もしい子たちに育ててくれたそれぞれのご両親ご家族に感謝の気持ちでいっぱいです。父親、母親の背中を見ていれば必ずいい人生を歩むことでしょう!リーダー達卒園おめでとう!!!

d0227298_21303804.jpg
 卒園式には、卒園した子ども達、その家族、引っ越し先から駆けつけてくれた家族などみーんなでかいじゅうファミリーです。園長あいさつで胸がいっぱいになり言葉が出てきませんでした。みんなありがとう。

卒園パーティーも最高でした。本牧の伝説的ライブハウス ゴールデン カップで更に大盛り上がりでした。
d0227298_22331075.jpg
d0227298_22225442.jpg
 「この時間よ止まれ」とそう願いたくなるような本当に、生きていて幸せと思えるような時間でした。子ども達も大人もみんなご機嫌でした。こんなパーティー初めてです。最高のパーティーでした。かいじゅうファミリー万歳!リーダー達卒園おめでとう!



かいじゅうの森ようちえん:横浜市中区の森のようちえん:幼稚園
http://www.kaijyunomori.com/




[PR]
by kaijyunomori | 2015-03-22 22:38 | Comments(0)

卒園発表会

かいじゅうの森ようちえん:美文名文発表、忍者演武、動物博士論文発表 硬派な演目ばかりの発表会です!
d0227298_21453596.jpg
 年間を通して学習した斉藤孝著「声に出して読みたい日本語」から抜粋の美文名文を暗唱。リーダーは単独暗唱、サブリーダー、年少は、それぞれグループで暗唱しました。失敗は、許されません。目の前の金メダルを目指して、みんな青筋が出るくらい熱唱しました。聞き惚れます。
d0227298_21472824.jpg
 保護者は、固唾をのんで見守ってくれます。がんばれ!
d0227298_21305834.jpg
 第2部は、忍者演武。リーダーの完成度は群を抜いています。免許皆伝でしょう!
d0227298_21350810.jpg
 礼に始まり礼に終わる。お見事。
d0227298_07401484.jpg

 第3部は、動物博士の講演会&クイズ大会。昨日動物園で発表したものをパパ、ママにも見てもらいました。小学校の自由研究にしても遜色ない内容です。子ども達のクイズに、大人たちも楽しませてもらいながら、きっとその成長に目頭が熱くなったことでしょう。
d0227298_21424384.jpg
 さて、講評。年間それぞれ名人として認定されたバッチ、金メダルを授与です。すべての発表が終わりみんなに笑顔が戻りました。
d0227298_21383891.jpg
 総勢12名、まさに「雨ニモ負ケズ、風ニモ負ケズ~」今年1年間よくがんばりました。
 明日はリーダーにとって、この幼稚園生活を締めくくる大切な日を迎えます。パパ、ママ、おじいちゃん、おばあちゃんみんなから応援を受けて、明日という区切りの日を迎えます。特にママにとっては、毎日の送り迎え、お弁当作り、洗濯等々この3年間を振り返ると感慨深いものがあると思います。3年間ありがとうございました。僕もおめでとうの言葉しかありません!!!




[PR]
by kaijyunomori | 2015-03-20 22:03 | Comments(0)

動物博士と巡る動物園ガイドツアー part 2

かいじゅうの森ようちえん:ちびっこ動物博士と侮るなかれ、大学生顔負けの発表内容でした。説明の後は、動物クイズでした。発表者も聞く方も共に楽しく勉強できました。
d0227298_16491442.jpg
 ゾウ博士のお時間です。実物のゾウを前にして発表出来るので、まさにリアルタイムです。大きさ、匂いなどありのままを感じることが出来ます。
d0227298_16515366.jpg
 どうして、ゾウの耳は大きいか?アジアゾウとアフリカゾウの耳の大きさが違うのはなぜかetcわかりやすい説明でした。
d0227298_17161288.jpg
 上の写真は、アジアゾウ。頭のこぶが目印です。世界中のゾウを見比べてみたくなるような説明でした。
d0227298_16580101.jpg
 こちらは、バク博士。夢を食べる動物ぐらいとしか普通は知識がありませんが、話を聞くととても興味深いです。
d0227298_17002322.jpg
 残念ながら、バクは厩舎にいて直接見ることは出来ませんでしたが、そんな時でも大丈夫。ちゃんと絵を描いてきていますから、その絵を見ながらの説明です。バクは世界中に何種類いるか、どんな風にエサを食べるかなど、身振り手振りを交えての説明でした。
d0227298_17083842.jpg
 サイも面白い。シロサイ、クロサイの見分け方もちゃんと教えてくれました。サイのツノは、毛が硬くなったものです。ウシやシカのツノとは作りが全く違う話も興味深かったです。目は悪いけれど、耳と鼻は鋭いetc話は尽きません。
d0227298_17122613.jpg
 サイの足の指は3本。実物でちゃんと確認出来ました。
d0227298_17192530.jpg
 大トリは、キリン博士です。キリンの話も面白い。キリンの背の高さや、ベロの長さなど自分の身体を基準に幼児でもわかりやすく説明してくれました。
d0227298_17224675.jpg
 キリンのツノは、何本?実は5本です。わかりますか?骨で確認したいです。
d0227298_17474664.jpg
 オカピもなんとキリンの仲間。むしろ、キリンのご先祖様に近い形です。どの博士もクイズを交えて、3歳児でもわかるよう工夫を凝らして説明してくれました。ブ―――――ラ―――――ボー―――!

 1月末から毎週火曜日放課後はリーダー研修と称して、3年間を振り返るように学習してきました。最後は、動物図鑑、大昔の生き物図鑑、動物進化図鑑と3冊を使いこなし、今日の発表を迎えました。幼児なのに、字を書かせたり、読ませたりと大変なことをさせている意識はあったけれど、4人とも疲れ果てながらも高いレベルのことに挑戦するという姿勢で臨んでくれました。素晴らしいリーダー達でした。
 いよいよ明日は、今年度最終日です。感無量です。

 


[PR]
by kaijyunomori | 2015-03-19 18:00 | Comments(0)

お箸検定

かいじゅうの森ようちえん:何個の大豆を30秒間にお椀に取れるか競いました。リーダー10個、サブリーダー8個、年少5個で出来れば合格です。
d0227298_17251180.jpg
d0227298_17263021.jpg
d0227298_17241325.jpg
 みんなの集中力が素晴らしいです。沈黙、静寂です。周囲も黙って見守りました。聞こえてくるのは、大豆の音だけ。
d0227298_17255305.jpg
 ボーダーラインをクリアできなかった時のこの悔しがりよう、いい顔です。
d0227298_19022474.jpg
 お箸の持ち方を学習するだけでなく、集中の仕方も学習出来たようです。みんな課題をクリア出来たので、万歳です。一度でクリア出来なくても、何度も挑戦したり、持ちやすそうなお箸を友達から借りたりと臨む姿勢が良かったです。
 

[PR]
by kaijyunomori | 2015-03-18 19:03 | Comments(0)

今年度のsound workshopも終了!

かいじゅうの森ようちえん:今日は、一気に気温があがり、今年初めてモンシロチョウを見ました、ウグイスのさえずりも聞えてきました。
d0227298_19525988.jpg
 最後は、sound workshopらしく近くの「百段階段」でone minute of silenceです。とても気持ち良い環境です。さて、どんな音が耳に聞こえてきたのでしょうか?
d0227298_19572581.jpg
d0227298_19594027.jpg
 ここは、「ヤマビコ」さんの谷です。「ヤッホー」というと「ヤッホー」と帰ってくるんですよ。横浜らしい、山あり谷ありの地形です。
d0227298_20013720.jpg
d0227298_20023532.jpg
 ハウスに戻り、みんなそれぞれ好きな楽器を手に取り即興演奏です。このメンバーでマルコスさんのsound workshopを受けるのは、これで最後。名残惜しいです。このworkshopも今年で丸3年。今年の卒園生達が、年少から始まったので初卒園生という感じでしょうか。このworkshopで子ども達は確実に変わりました。音楽の力です。
d0227298_20035206.jpg
 午後からは、天気がいいところを我慢して卒園式に向けて作業です。男たちが、鏡に向かって何やらです。いいものが出来上がりました。
d0227298_20044270.jpg
 女子が鏡に向かうと、微笑ましいです。
 さぁ、残り水、木、金の3日間です。もうじたばた出来ません。今年度最終の21日をみんなで楽しく過ごしたいです。



[PR]
by kaijyunomori | 2015-03-17 20:31 | Comments(0)

火起こし名人誕生

かいじゅうの森ようちえん:枝の選び方もうまい、枝の組み方も上手い、火起こし名人がたくさん誕生!
d0227298_20490945.jpg
 リーダーは、何回も成功しているので、もうコツをつかんでいる様子です。枝の見つけ方からして上手いです。
d0227298_20525204.jpg
 枝の組み方を見るだけで、火起こし成功と言えるくらいの素晴らしさでした。
d0227298_21051039.jpg
 抜群の安定感。
d0227298_20561296.jpg
 段取りの仕方が素晴らしい。太い、中くらい、細い枝を分けてからの準備。まさに見本です。
d0227298_21000226.jpg
 根気よくやりました!
d0227298_21092712.jpg
 こちらも何回か失敗してもあきらめず、がんばりました!
d0227298_21134228.jpg
 俺に任せろ!自信を持ってきました。枝もたくさん集め、準備段階から周到でした。
d0227298_21113829.jpg
 マッチの火はつけられなかったけれど、枝の組み方はばっちり。紙に火をつければ、枝に上手く着火しました。お見事!
d0227298_21210187.jpg
 一番のお楽しみは、焼きマシュマロ。この楽しみがあるから、火起こしも頑張れる?熾火(おきび)も上手く作ってくれた最高のコンディションで焼きに入りました。


[PR]
by kaijyunomori | 2015-03-16 21:24 | Comments(0)

ぐるぐるびっくり造形(クリエィティブな遊びの時間)

かいじゅうの森ようちえん:今日のクリエィティブな遊びの時間は、いつもと様子が違う。
d0227298_18414733.jpg

 10分ごとに自分の作品を左回りで回していきました。自分の作品なんだけれど、友達の創作も加わり、最後までどんな形になって帰ってくるのかわからないというミステリアスさも加わった「遊びの時間」でした。
d0227298_18470771.jpg
 5人で作るおまんじゅうに例えると、真ん中の餡(あん)だけは、最初作るけれど、そのあとの皮の作り方など仲間にお任せするという感じでしょうか。なので、おまんじゅうで作ったつもりなのに、ケーキになって戻ってきたみたいな驚きがありました。(例えが難しい)
d0227298_18403118.jpg

 ついつい隣の仲間が加える創作に、口を出したくなる子も最初はいましたが、(俺の作品はそうじゃない的な)ベルトコンベアーのようにドンドン隣へ回していきました。
d0227298_18391381.jpg
 子ども達は、迷うことなくそれぞれの作品を自分の作品のように時間いっぱい工夫して作ってくれました。
d0227298_18445290.jpg
 今日は、リーダーにとっては最後のアトちゃん、ガクちゃんの日だったので、自分の作品なんだけれど、みんなの思いが詰まっているようで、素敵なプレゼントをそれぞれに贈ったようになりました。みんなの思いが詰まった自分だけの作品作りでした。
 面白かったのは、1周して自分のところに返ってきたら、自分の思っていた作品と違ったからなのか、「俺の作品はこんなんじゃぁない」と自分の作品に加わった他の仲間の要素をとってしまった子もいました。それはそれで一つの表現でした。
d0227298_19095141.jpg
d0227298_19125029.jpg
 かいじゅう大豆を食す!秋に収穫した大豆をやっと頂きました。子ども達にも大好評。やっぱりコクがある?!タネ播きから食べるまで、まさに一気通貫タイプです。味噌を仕込むおうちもあるので、子どもたちにとって大豆がより身近になってきていることでしょう!大豆万歳!


[PR]
by kaijyunomori | 2015-03-13 19:04 | Comments(0)

THE YOKOHAMA 遊覧

かいじゅうの森ようちえん:横浜といえば港、みなとみらい地区を遊覧。
d0227298_16001342.jpg
 昨年に引き続き今年もランドマークタワーに登って、横浜を一望してきました。
d0227298_17522470.jpg
 横浜はかっこいい!大好きです。晴れ晴れします。
d0227298_17481799.jpg
 高いです。下を行き交う車も人もおもちゃに見えます。高すぎて酔いそうです。

d0227298_17542457.jpg
d0227298_18183122.jpg
 シーバスも最高です。都会だけれど、田舎的雰囲気もある横浜が大好きです。子ども達のふるさとです。大きくなってこのコースをデートした時に今日のことを思い出してくれたら、ほんわかした優しい気持ちになってくれるでしょうか?!楽しみです。

[PR]
by kaijyunomori | 2015-03-12 18:21 | Comments(0)

春の嵐

かいじゅうの森ようちえん:春の嵐が吹き荒れる。
 かいじゅうの森ようちえんも今月いっぱいで丸4年を迎えます。4年前の今日3.11は、開園直前の準備をしていた時でした。地震、津波、放射能、原発の問題で、これ以上悪い時はないという時に我々は出発しました。既に震災後に生まれた子たちも入園してきています。確実に時間は流れています。親として、教育者として、やるべきことを研鑽し歩むしかないと思っています。
 最近子ども達と唱和している言葉があります。”One child,one teacher,one pen and one book can change the world"ノーベル平和受賞者マララさんからの引用です。この気概でがんばります。
d0227298_20172938.jpg
 横殴りの強風です。強風に草・花を飛ばしてアナ雪の気分満喫です。
d0227298_20202608.jpg
 春の草花が足元にたくさんです。
d0227298_20250486.jpg
d0227298_20262079.jpg
 男子もおめかし。好みの草花をツワブキの葉に飾り、勲章の気分です。
d0227298_20304575.jpg
 サンシュウの黄色い可憐な花も春にお似合いです。
d0227298_20312768.jpg
 強風で雲一つない、青空でした。

[PR]
by kaijyunomori | 2015-03-11 20:33 | Comments(0)

sound workshop(絵の楽譜)

かいじゅうの森ようちえん:sound workshop。音を絵で表現する。
d0227298_16123686.jpg
 マルコスさんの即興演奏を子ども達が、音を絵で表現するworkshopに挑戦です。マルコサンさんがライブに使用する様々な楽器を使って演奏してくれました。
d0227298_16140194.jpg
 音を絵で表現する?例えば、ドラムの音は何色?その響き、リズムはどうやって絵で表現する?考えるほど難しくなること必定です。心に浮かんできたものを、ストレートに表現です。
d0227298_16055701.jpg
d0227298_16071398.jpg
d0227298_16085601.jpg
 音を絵で表現するということを初めて体験する年少グループは、深く考えることなくどんどん紙に表現していました。
d0227298_17261385.jpg
 じっくり考えだすと、手が動かなくなる。そのバランスが難しいところです。音を奏でている物体の色を強く認識しすぎると、例えばドラムだと、金色や茶色になってしまう。でも音を色で表すと、違う音になるかもしれない。正解がなくていい、自由なworkshopでした。
 いよいよリーダーと一緒に出来るマルコスさんのsound workshopは、来週が最後です。

[PR]
by kaijyunomori | 2015-03-10 17:28 | Comments(0)