ブログトップ

横浜市:森の幼稚園&小学生アウトドアスクール かいじゅうの森船長日記

makadonia.exblog.jp

<   2015年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

世界に一つだけのバック

かいじゅうの森ようちえん:世界に一つだけのバック。”クリエィティブな遊びの時間”を提供してくれるのは、ドゥイのお2人です。
d0227298_18455350.jpg
 ひとりひとりが世界に一つだけのバックを作りました。これは、売り物になるくらいの傑作ぞろいです。
d0227298_18523179.jpg
 紙を切り抜き上からアクリル絵の具で塗りつぶすだけ。
d0227298_18485453.jpg
 シールを貼ったり、テープを貼ったりといろんなモノを使い、いろいろな色でとてもかわいく仕上がりました。子どもならではの天才さを感じます。
d0227298_18555833.jpg
d0227298_19050430.jpg
 みんな集中して静かな時間が流れました。1色につき筆1本。同じ色を使いたいときは順番待ち。今までだったら、他の色と混じって汚くなってしまったのに、最後まで混ざらず完璧です。
d0227298_19070732.jpg
 アトちゃん、ガクちゃんが用意してくれる色はいつもきれい。カラーのマジックに毎回酔えます。
d0227298_19100451.jpg
 12人、全員のバックを並べてみると、バック屋さんのようです。マーケットを開きましょう!暖かくなってきたので、カラフルな世界に一つだけのバックを持って、ピクニックにでも出かけましょう。


 

[PR]
by kaijyunomori | 2015-02-27 19:15

えのすい

かいじゅうの森ようちえん:新江の島水族館

 深海の世界。
d0227298_20274819.jpg
 深海の世界は、古代生物の世界のようです。かいじゅうにも似た世界です。
d0227298_20312601.jpg
d0227298_20291661.jpg
 生きた化石のような深海の生物を知ることで、生物の進化が見えてくる?!興味を引く分野です。
 上の写真のヘンテコなサメは、ミツクリザメです。生態がはっきりとはわかっていない深海のサメです。
d0227298_20333751.jpg
d0227298_20342973.jpg
 外は寒くても、イルカショーのお兄さん、お姉さん、そして観客席は熱かった。イルカたちの元気なジャンプ、泳ぎは子ども達一番のお気に入りです。
 
d0227298_20325008.jpg
 水槽で育てられている海藻たち。たくさんの種類があります。その中でもかいじゅうkidsにとって、ワカメは格別です。何故なら先週拾いその特長をつかんでいるからです。水槽の中に一つでも身近なモノがあるだけで、ガラス向こうの世界が身近に感じることが出来ました。
 

[PR]
by kaijyunomori | 2015-02-26 20:46

ツバキの首飾り

かいじゅうの森ようちえん:雨風で落ちてしまったツバキの花を求めてどこまでも。
d0227298_17502932.jpg
 ツバキの花は舐めて甘いだけでなく、こんな風に首飾りにも出来るのです!女子に人気。男子にももちろん人気。男子はママのために作りますから!
d0227298_18043266.jpg
d0227298_18071604.jpg
 似た花でサザンカもありますが、こちらでは首飾りは花の構造上作ることが出来ません。花ごと落ちるツバキは、糸が通るくらいの穴が開いているからです。カメラを持っていくことが出来ないくらいの、場所でたくさん花を集めてきました。
d0227298_18104249.jpg
d0227298_18132568.jpg
 最近の良くある光景。リーダー女子による強制ライブ。女子は強く美しくどこまでも進化します。

[PR]
by kaijyunomori | 2015-02-25 18:22

sound workshop,ジャガイモ植えつけ、火起こし

かいじゅうの森ようちえん:残り4週間を切り、やり残していることがたくさん!ということで、今日は3つも頑張ってしまいました。
d0227298_18361512.jpg
d0227298_18380110.jpg
 午前中は、sound workshop。いよいよ卒園モードに。いろいろ準備し始めました。中身はお楽しみに。
d0227298_18393711.jpg
d0227298_18404990.jpg
 昨日準備した、種イモの植えつけです。どの面を上にするか、どれくらいの深さに植えるか、どのように土をかぶせるか、知らなければならないことがたくさんです。収穫予定は、3か月後の6月ごろ。昨年の収穫量は15キロ。今年はどれくらいになるでしょうか!
d0227298_19223996.jpg
d0227298_19150723.jpg
d0227298_19250134.jpg
 火越しに挑戦。大人が全く手を貸すことなく、3人が火起こし名人に認定されました。材料は木枝、マッチ、紙だけです。とても素晴らしいです。火起こしは、火がつくまで何回やり直してもいいし、周りにあるものは何でも活用していいというものです。これは、社会に出れば特に必要とされる能力です。アウトドアの良いところは、生きる力を学べることでもあります。また、名人に認定された子は、まだ火がついていない他の子の手伝いも自らしてくれました。助け合いの精神。更に素晴らしいです。火越し名人3人のお蔭で、おいしい焼きマシュマロを食べることが出来ました。
 「出来るまであきらめるな。」僕自身にも言い聞かせていることでもあります。
 火起こしが出来れば、火の消し方、片づけ方も学べます。マッチ一本火事のもとです。火はいつでもどこでもアンダーコントロールでなければなりません。

[PR]
by kaijyunomori | 2015-02-24 19:38

絞り染め完成!

かいじゅうの森ようちえん:絞り染め大成功!
d0227298_19241832.jpg
d0227298_19150417.jpg
d0227298_19263584.jpg
 アースカラー、ナチュラルカラーでとてもきれいに染め上りました。輪ゴムの配置も経験者は、柄をイメージしながら作業したので、かなりの完成度です。泥で汚れても目立たず、かいじゅうkidsにとっては最上のTシャツです。一同ご満悦です。
d0227298_19330894.jpg
d0227298_19373618.jpg
 春一番が吹き、急に暖かくなりました。土の中の虫たちも急に動きだし、暦より2週間ほど早く啓蟄です。急いでジャガイモを植える準備です。芽が一番発芽しそうなところが上に来るようにジャガイモを切り出しました。切り出したイモは、腐らないよう草木灰に付けました。(灰は絞り染めの時に焚き出したものです)明日以降畑に植える予定です。
d0227298_19484693.jpg
d0227298_19433998.jpg
 採れたてミカンジュースを堪能。フレッシュ、果汁100%ミカンジュースです。大好評!

[PR]
by kaijyunomori | 2015-02-23 19:54

箸育講座

かいじゅうの森ようちえん:年に一度の親子で箸育講座。今年で5回目です。
d0227298_19433094.jpg
d0227298_19404425.jpg
こだわりの箸講座です。
こだわり1.プロ野球選手の折れたバットを再生して作られた箸です。
こだわり2.直接口に触れる先端10mは、100%本漆を使用しています。
こだわり3.自分の手の大きさに合わせて作るお箸です。
こだわり4.最終工程は、プロ職人さんが、本製品と同じ加工をします。7回も塗装します。
d0227298_19455360.jpg
d0227298_19421228.jpg
 こんな企画を提供して下さるのは、福井県若狭の伝統ある箸メーカー兵左衛門さんです。また今回の収益の一部は、野球バットの原木であるアオダモの植林へと回されます。バットを作れる大きさになるまで木が成長するのは80年先です。
d0227298_19443840.jpg
 お箸の使い方、マナーも親子で一緒に学ぶことの出来る為になる企画です。毎年参加頂くと、年々成長するわが子の証を箸の長さで実感出来ます。(ちなみに適正な箸の長さは、「ひとあた半」。ひとあたは、親指と人差し指を直角に広げた時、頂点を結んだ長さの1.5倍です。)
 完成は、4月中旬です。食育も箸育も同時にして頂くと、食の文化も含め、広く深く学ぶこと間違いなしです。


[PR]
by kaijyunomori | 2015-02-21 19:56

海藻ランチと絞り染め

かいじゅうの森ようちえん:昨日採取した海藻をゆで、みんなでランチに頂きました。あっぱれな食欲ぶりでした。
d0227298_19034029.jpg
d0227298_19060594.jpg
 出来立て釜茹でです。せっかく自分達で採ってきたものなので、自分達で調理して頂きたいものです。
 理科の実験のようです。茹でると色がきれいな緑色に変色するのです。ヒジキも茹でたては、こんなにきれいな緑色になります。手前の黒っぽいものがbeforeです。
d0227298_19080329.jpg
 ワカメ、ヒジキをそれぞれサラダ風にして食べました。味付けは、ポン酢とマヨネーズ。その他にワカメの味噌汁。2年間熟成させた、かいじゅう味噌で料理しました。サラダも味噌汁も完食です。見事な食べっぷり。気持ち良し。
d0227298_19125633.jpg
 ワカメ、ヒジキを茹でている間に、絞り染めの準備です。豆乳に付ける下準備をした各自の服を輪ゴムで縛っていきます。輪ゴムを扱い慣れているリーダー女子は、素晴らしくいい仕事をしていました。
d0227298_19183179.jpg
 縛り終えた服は、玉ねぎ汁の中に放り込みます。各家庭から集めたたっぷりの玉ねぎの皮で濃い煮汁が出来ました。
d0227298_19211240.jpg
 30分ほど煮詰めた服を煮汁から取り出すと、きれいなオレンジ色に大変身です。ミョウバンで色を固着させているので、乾燥させてしまえば洗濯しても色落ちはしません。
d0227298_19251388.jpg
 お姉さま達が中心になって、きれいに干してくれました。普段のお母さんの仕事ぶりをよく見ているのが、わかりとても面白いです。各家庭の干し方の流儀までご教授頂きました。
d0227298_19274313.jpg
 おやつタイムの様子。無理やりライブを見せられている、男子と年下達。面白いのが、チケット。今日の差し入れのお菓子がチケット代わりなので、お菓子が欲しい人は、無理やり観客席に座らされるという仕組みです。お行儀よく座っているのは、多分お姉さん達に魅せられているからでしょう・・・。多分。
 来月の今日が今年度最終日です。残り4週間。今年度もいい年にしたいです。
 
 


[PR]
by kaijyunomori | 2015-02-20 19:32

海の恵み海藻に万歳!(ワカメ、ヒジキ、ノリ)

かいじゅうの森ようちえん:相模湾の恵み海藻に万歳です。
d0227298_18075899.jpg
 これが相模湾のワカメ。今朝打ちあがったばかりです。浜にはいろいろな海藻が打ちあがっていますが、慣れてくると特徴が良くわかります。平べったい茎に波打つ葉が特徴です。園児もワカメの特徴を即座に飲み込み目がワカメになっていました。おいしい食べ物に関する識別能力はかなり高い。生きる力です。
d0227298_18232119.jpg
d0227298_18274877.jpg
 ワカメgetだ!ワカメが見えると、少しくらい濡れても構わないという気持ちになってきます。
d0227298_18302246.jpg
 ヒジキも大漁に。子どもたちは、お母さんに持って帰ると、袋にいっぱい詰めていました。
d0227298_18120150.jpg
 ワカメ、ヒジキだけじゃない、ノリも食べ放題。岩に張り付いている黒いものがノリです。ワカメやヒジキを探しながら、岩に張り付いているノリを食べ歩きしました。いたるところに食べ物だらけです。
d0227298_18125875.jpg
d0227298_18102513.jpg
 今日は、波も風も穏やか。昼前は潮も引いていて絶好のワカメ日和となりました。子ども達は、ちょっと足を濡らすくらい、それから、膝下くらいといいながら、腰下、胸下まで海に浸かっていました。目の前に獲物があると、ついつい先へ先へと行ってしまいます。

[PR]
by kaijyunomori | 2015-02-19 18:38

秘密基地作り

かいじゅうの森ようちえん:雨なのに、今日は公園内のメインストリートを外れ、まさに秘密な場所に基地作り。
d0227298_17221400.jpg
 
d0227298_17344423.jpg
 周りの木や、拾ってきた枝を上手く利用しテントの周囲をカバーしています。濡れたカッパも干して、一見家がない人のアジトみたいだけど、中ではランチやっています。大人禁制。
d0227298_17253120.jpg
 子どもは中で楽しそうにランチです。公園内を歩いていると、どこからか賑やかな声が聞こえてくるという状態です。
d0227298_17281494.jpg
 斜面を転がり落ちる遊びに夢中?!地面がふかふかしているので、転がり落ちても痛くないようです。落ちて、ロープで登ってとその繰り返し。落としごっこも楽しい?
d0227298_17235519.jpg
 我に返れば、濡れて、汚れて、寒くてみじめな気持ちになりそうなところ、ママからの温かい差し入れでフルパワーです。女子全員が集まり、女子会です。今日の汚れはすごい。お洗濯よろしくお願い致します。



[PR]
by kaijyunomori | 2015-02-18 17:39

シェーカー作り、大豆(選粒、箸技対決)

かいじゅうの森ようちえん:シェーカーを作って即興演奏004.gif

d0227298_19152201.jpg
d0227298_19110790.jpg
d0227298_19254370.jpg
 紙皿の中に小豆、米、ポップコーンを好きなように入れ、紙皿を半分に折り周りをとめれば完成というお手軽シャーカーを作りました。何をどれだけ入れるかはお好み次第。自分好みのいい音の分量にしました。
d0227298_19242598.jpg
 マルコスさんのドラムに合わせて即興演奏。(→ http://youtu.be/xeqSCx6AWB4 こちらでyou tubeで30秒の動画公開!」感じたままにの即興演奏大得意です。人前で見せたいんだけど、本番になると照れてしまう~。
d0227298_19274690.jpg
 午後は、昨年収穫した地場神奈川の大豆の選粒です。一番大きくて良いものを今年の種として、小さいものや形の悪いものを食用として選別しました。こうした細かい作業は嫌いじゃないみたいです。2キロ弱の大豆を小一時間かけて丁寧に選別してくれました。
d0227298_19291242.jpg
 最後は、箸技対決!30秒で何粒の大豆を隣の器へ移せるかの技を競いました。これも神経を使う作業です。競技者も、周囲も黙って見守りながらの静かな対決となりました。多い子で7粒ほど運べました。自分達で栽培、収穫、選粒までした大豆で行うところがかいじゅうkidsらしいです。大豆への思いが違います。

[PR]
by kaijyunomori | 2015-02-17 19:50