ブログトップ

横浜市:森の幼稚園&小学生アウトドアスクール かいじゅうの森船長日記

makadonia.exblog.jp

<   2014年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

チェリーインキ

かいじゅうの森ようちえん:Englishとチェリーインクで5月を締めくくりました。
d0227298_23100759.jpg
 毎年大人気のチェーリーインク。熟したサクランボをつぶしてのインク作りです。去年くらいから、お化粧品に化けたり、血に化けたりとそれぞれの楽しみ方を考えだしています。
d0227298_23335704.jpg
 雨が降れば消えてしまうので、安心してどこにでも落書き出来ます。もちろんbodyペイントも。
d0227298_23370959.jpg
 リーダーが木に登り揺らしてサクランボを大量に落としてくれます。それをみんなが拾ってグチュグチュやるのです。去年は、全く登れなかった子達が上手に登って揺らしてくれるので、感心です。さて、今年のサブリーダーは、来年木登りが上手く出来るようになるでしょうか?!楽しみにしています。
d0227298_23561757.jpg
 血みどろ!
d0227298_23312166.jpg
 午前中は、English!幸せなら手をたたこう♪、アオムシくん(もちろん両方とも英語)などノリノリです。里美先生の株が子ども達の中でどこまでも急上昇中です。語学というより音遊び。楽しいひと時です。
d0227298_23180564.jpg
 鮮やかなアオムシ君ならぬキイロ虫君。いろんな生き物がお目見えしてくれます。

[PR]
by kaijyunomori | 2014-05-30 23:45

北鎌倉

かいじゅうの森ようちえん:北鎌倉、源氏山、銭洗弁天
d0227298_20340064.jpg
 北鎌倉コースの一番の魅力は、このガタガタ道。年少チームには、斜面でちゃんと立ってられない子もいました。リーダー、サブリーダーは、がんばって年少をリード。
d0227298_20363767.jpg
 いい顔。斜面を登りきったところで一休み。
d0227298_20384503.jpg
 こんなオフロードの連続です。今日は、北鎌倉から銭洗弁財天を往復しました。このコースを行きも帰りも通りました。
d0227298_20411731.jpg
 ガタガタ道に苦労した子もいましたが、全体的に予想を上回るペースで行ってきました。日中は、日射しがきつく感じられましたが、森の中を抜けてくる風は心地よく、長い間日陰にいると肌寒く感じられるほどでした。

d0227298_20561837.jpg
 時間調整も兼ねて、冬に陶芸でお世話になる「たからの庭」にお邪魔しました。お手本となるいい雰囲気のお庭です。
d0227298_20515156.jpg
 最後は、やっぱり甘くて冷たいもの。これで決まり!
 今年もこのコースを通って海へ行ったりと何度も通うことになるでしょう。上の子達が下の子を上手くサポートしてくれるので、いいチームになっています。





[PR]
by kaijyunomori | 2014-05-29 20:53

イェイ!

かいじゅうの森ようちえん:自由で気ままな時間。暑かった。蚊が出てきた。制約が多くなる時期がすぐそこまで。
d0227298_21001900.jpg
 時間があればこんなロープ遊びに夢中になってしまう。ちょっと危険な方がやっぱり楽しい。
d0227298_21035022.jpg
 ピーターパンのように空を舞うことが出来ます。年少でも挑戦したがるから、脱帽。
d0227298_21055179.jpg
d0227298_21073488.jpg
 年少チーム、おままごとにナイフを使う。やることが早い。お兄さん、お姉さんの良い影響。
d0227298_21094956.jpg
 今日午前中は、ハチが居そうな木や場所などを見て回りました。これからの時期、気安く藪の中など入っていけなくなるからです。どんな場所に危険が潜んでいそうなのか予測することが身を守る一番の術です。今年もハチなどに刺されないよう、子ども達に強い意識を持ってもらう他に術はありません。どんなことが無謀な行動なのかわかることが最も大切です。



[PR]
by kaijyunomori | 2014-05-28 21:13

sound workshop(かいじゅうバンド)

かいじゅうの森ようちえん:soundworkshop,かいじゅうバンド!
d0227298_21131814.jpg
d0227298_21120773.jpg
 マルコスさんが毎年こどもに伝えているのは、音は振動ということ。水面にビー玉を落とし波紋の広がる様を観察しました。
d0227298_21162592.jpg
 マルコスさんと子ども2人ずつのセッション。ドラミングスクールの効果有?みんなのスティックに確かな手ごたえがありました。
d0227298_21182286.jpg
 かいじゅうバンド。最後はみんながそれぞれ好きな楽器を持って、大演奏。それぞれが昨年からの経験を積み、何気に音を出しているというより意識して好きなリズム、音を目指しているような主体性を感じる演奏でした。
 マルコスさんからは、楽しかったのお言葉でした。
d0227298_21233991.jpg
 午後からは、ヒマワリの苗を植えました。2週間ほど前にまいた種が芽をだし、大きくなりました。これが更に2mくらいになるのです。前回書いたように食用のヒマワリです。収穫が楽しみです。
 リーダー、サブリーダーに苗植えをお願いしました。良い手つきでした。




[PR]
by kaijyunomori | 2014-05-27 21:26

ヨモギ手打ちうどん作り!

かいじゅうの森ようちえん:讃岐うどんのレシピでヨモギうどん作りに挑戦。今日は、近隣の小学校が、振替休日ということで卒園生や在園生の兄弟に手伝いに来てもらいました。
d0227298_21543926.jpg
 うどん作りには、力が必要。捏ねて伸ばして捏ねて伸ばしての繰り返し。小学生のパワーが有難かったです。
d0227298_22005653.jpg
 踏むのがベスト。漬物袋にうどん粉を入れて踏んで踏みまくれ!
d0227298_22052109.jpg
 更にコシを出したいバージョン。ブレーメンの音楽隊よろしく人間3段重ね。100kg以上あります。
d0227298_22070187.jpg
 ノーマルな讃岐うどんは、まぁ合格ラインの出来。子どもが切っているので太さの大小はご愛嬌程度。
d0227298_22210518.jpg
 さて今回主役のはずだったヨモギうどんですが、いまひとつでした。水の分量を間違えたのか、ヨモギを投入してからおかしなことに。このリベンジはまた来年の今頃挑戦したいです。

 上にも書きましたが、力技のうどん打ち。小学生のパワーと体重が大活躍。小さい上に、軽いとコシのあるおいしいうどんは作れないので、今日参加してくれた小学生に感謝です。卒園生も新生活を楽しんでいるようなのでこちらも一安心です。


[PR]
by kaijyunomori | 2014-05-26 22:16

ネルネル粘土

かいじゅうの森ようちえん:art workshop ドゥイのお二人が月一で登場するクリエイティブな遊びの時間の始まりです。
d0227298_22252228.jpg
 今日は年齢を問わずみんなが大好きな粘土遊びです。しかも小麦粉粘土。何種類もの食紅を用意して色とりどりの粘土を作っていきました。
d0227298_23240779.jpg
 材料は、小麦粉、水、塩、オイル、食紅だけ。
d0227298_23105504.jpg
 粉から作り出すので、硬いところ、柔らかいところなど触感がそれぞれ違うので、自分の手に馴染むように練って練りまくります。
d0227298_23354409.jpg
 絵になる男。
d0227298_23413027.jpg
 普通の粘土だと、いろいろなモノを形作りたくなるけれど、今回はちょっと違ったようです。まず、触感が同じ粘土で違うこと。色に関しても違う色の食紅をミックスしたり、同じ色の食紅でも量の多い少ないで色の見え方が異なってきます。そのため、みんなは何か好きな形を作るというよりも練る方に集中していたように思えました。
d0227298_23472389.jpg
 アンパンマン!
d0227298_23590272.jpg
 芝生の上で思いっきり小麦粉粘土で遊ばせてもらいました。いろんな色の小麦粉が緑の芝生の上に飛び散っていました。
 今回で、あとちゃん、がくちゃんもなんとなく今年の新チームの様子が分かったと思います。3年目に入る、art workshop今年も楽しみです。







[PR]
by kaijyunomori | 2014-05-24 00:01

ジャングル探検 in 葉山

かいじゅうの森ようちえん:危険だけど楽しい、楽しいけど危険。という言葉が似合うジャングル探検でした。
d0227298_20441700.jpg
 ジャングルに入る前には、ブンブン検査。スズメバチなどハチがやってきても騒がないよう、刺されないよう心構えをするためです。本物のスズメバチを使っての検査です。(もちろん死んでいます)ハチが来ても木になるよう諭しています。かなり怖いですよ。
d0227298_20542871.jpg
  
d0227298_20505167.jpg
 ジャングルは、昨日の雨の影響で水量が多く、でも水が濁っていないのが不思議です。外は暑いくらいの天気なのに森の中はひんやり風が気持ち良いです。しかし安心は出来ません。藪の中にマムシが潜んでいるかもしれないからです。
d0227298_21040207.jpg
 獲物がたくさん採れました。魚、エビ、ヤゴ、カエルなどです。しかし水温がまだ低いからなのか、釣りをする程の魚は見かけなく次回を期待です。
d0227298_21111670.jpg
 普段はサンダル履きのkidsも今日は、完全武装。長靴長袖です。ハチやヘビに対処するためです。
d0227298_21122798.jpg
 今日も全員無事帰還。最後はアイスでホット一息です。来月もまたジャングル体験したいと思っています。その頃は、今より数段生き物豊富な森になっていることでしょう!




[PR]
by kaijyunomori | 2014-05-22 21:14

English fruits カルタ

かいじゅうの森ようちえん:英語カルタで遊ぼう! 今日は、恵みの雨なんてのんきな事を考えていたら、大雨の上、風も強し。年少さんには少々辛いスタートでした。
d0227298_18485665.jpg
 フルーツカルタ。みんなが大好きなフルーツの名前を英語のアクセントで覚えてからゲームのスタート。鍛えられたみんなの耳。うまい発音です。
d0227298_18514302.jpg
 前のめりのkids。 
 最初は、全学年混合チーム。最終は学年別チームに分かれてのカルタ。みんな音をすぐ覚えてくれたから、凄まじい取り合いになりました。泣く子、もうやらないといい出す子、怒る子。競争はみんなの闘争心をかきたててしまいました。
d0227298_18581459.jpg
 今日子ども達に火を付けたのは、カルタだけではありません。巨大水たまり。ここでは、リュックを投げ出しみんな飛び込んでいきました。
d0227298_19010727.jpg
 今日は冷えましたが、水は温か。お風呂?プールでしょう!
d0227298_19034424.jpg
 カエルやカタツムリにとっては、今日みたいな日は最高でしょう。大きなカタツムリを何匹も見かけました。
 雨が降ったり、晴れたりの天気を繰り返すと花も野菜も大きく成長してくれます。恵みの雨です。





[PR]
by kaijyunomori | 2014-05-21 18:56

目隠し(sound workshop)

かいじゅうの森ようちえん:sound workshop 今週から本格的に毎週始まります。「目隠し」から始まりました。
d0227298_22094589.jpg
 目隠しをして、手の叩く音を探しながら相手のところまで行くゲームです。
d0227298_22472938.jpg
 やっぱりおかしいのは、年少チームの動きです。音と全然違う方向へ行ってしまったりと笑いが絶えないです。目が見えないのに、怖がらず歩いてしまうのも年少チームです。興味深いです。
 またあと一歩のところに近づいても、違う方向へ向いてしまったりと普段視覚にばかり頼っていることを再認識です。
d0227298_22504259.jpg
 マルコスさんも今年の新チームにいい予感を感じています。どう変化していくかみんなが楽しみにしています。
d0227298_23024060.jpg
 今日は嬉しい発見です。野生の蚕を山頂公園で見つけました。4年目にして初めてです。野生動物の師匠からは、どこにでもいると言われてきましたが、ここ本牧では初めてです。早速クワの葉と一緒にかいじゅうハウスへ持って帰りました。養蚕を始めました。
d0227298_23094070.jpg
 今はキイチゴが旬。クワノミももう少し。今日は、おいしそうなクワノミを探していたら、桑子(蚕)も発見。目に見えていないだけで、関心を持ては持つほど自然は我々に悦びをもたらせてくれます。




[PR]
by kaijyunomori | 2014-05-20 23:20

ナイフの使い方

かいじゅうの森ようちえん:ナイフ実習スタートです。
d0227298_21482453.jpg
 毎年スタートは、色鉛筆作りです。リーダーは、完璧。サブリーダーは、安心して任せられるという状態です。年少さんが来年どんなレベルになっているのか楽しみです。
d0227298_21520537.jpg
 色鉛筆をすぐ作れてしまうリーダー達は、創作の部へ突入です。ポイントは、創造を膨らませる枝をいかに見つけ出せるかです。こだわりの枝を見つけることが出来ると作品の完成度が俄然上がります。
d0227298_21560377.jpg
 クモの子を散らす。クモの子が卵から這い出してきました。ふ化直後です。嫌な人はこの写真嫌いでしょうね。
d0227298_22025873.jpg
 モンシロチョウの交尾も激写。春と言えば、ヴィーナス誕生。生命の始まりです。




[PR]
by kaijyunomori | 2014-05-19 22:04