ブログトップ

横浜市:森の幼稚園&小学生アウトドアスクール かいじゅうの森船長日記

makadonia.exblog.jp

<   2013年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

sound & art workshop 二日目

 sound & art workshop後編

 本日は、まず昨日みんなそれぞれが収録した音を聞いてみました。セミの声、車の音、フェンスを鳴らす音、歩く音、自動販売機の音、風の音、木の枝を打ち鳴らす音などいろんな音が録音されていました。音だけ聞くと勝手な想像が膨らむものです。
d0227298_2162227.jpg

 昨日みんなが収録した音をマルコスさんが編集してくれました。採った音をみんなで鑑賞です。スピーカーから聞こえてくる音にしばらく耳を傾けました。
d0227298_21244640.jpg



 それぞれの音を聞いて頭の中で色付けがされたら、「音のカルタ」作りです。どんなカルタが出来上がるのでしょうか?
d0227298_2117468.jpg
d0227298_21191542.jpg

 一つ一つ音を聞きながらのカルタ作りです。音によって色を代えたり、筆致を素早くあるいは緩くと音に身をゆだねるように、黙々と小一時間も作業しました。


d0227298_21295161.jpg

d0227298_2132356.jpg

d0227298_21333071.jpg

 自分の前にそれぞれが自作のカルタを並べて、音源を聞いて取っていきます。一度で正解が見つかる人、何度かめくらないとわからない人などそれぞれでした。
 絵を見て、今度は音を思い出すのです。五感のあらゆる機能が脳の中で交差するようでした。

d0227298_21404296.jpg

 最後は絵の楽譜を見ながらの演奏です。それぞれが楽器を手に取り演奏しました。1曲5分程度。みんなの自然がマルコスさんの指先に集中します。みんなの演奏で一体感を味わったような気がしたのは、僕だけではないでしょう。至極の2日間でした。
 マルコスさん、岳ちゃん、、アトちゃん、写真家の荒谷さん 子ども達の為に良い企画をして頂きありがとうございました!
[PR]
by kaijyunomori | 2013-08-21 21:11 | Comments(0)

sound & art workshop 一日目

 今日明日2日間は年一度のマルコスさんとドゥイのコラボ企画。soundとartのコラボです。子ども達の中で五感がどのように繋がるのか楽しみです
d0227298_22321453.jpg
 
d0227298_22335615.jpg
d0227298_2236390.jpg

 一日目の第一部は、マルコスさん達が発する音に色付けをしていきます。例えば「セミはどんな色?」「波の音は?」などと音と色をつなげる準備体操をしながら始まりました。
 マルコスさん達が、子どもの周囲でいろんな音、リズムを奏でます。その聞いた音を紙面に色付けして表現していきます。

d0227298_22521248.jpg

d0227298_22532937.jpg

d0227298_22562884.jpg

 第2部は、虫採りをするようにレコーダーを持って好きな音をとりにいきます。自分達がいいなぁ、好きだなぁと思った曲をレコーディングしました。
 2グループに分かれての作業だったので、最後に自分達が採った音を聞いてみました。しかもなんと今夜マルコスさんが、その音を編集してくれて、明日はその音を元に「音のカルタ」を作ります。どんな風に出来上がるのか楽しみです。
[PR]
by kaijyunomori | 2013-08-20 22:46 | Comments(0)

富士登山(mission completed)

 OUR MISSION COMPLETED
d0227298_23173292.jpg

 8月1から2日にかけて大人子ども合わせて総勢19名で富士登山に挑戦。結果全員が3200mをクリア。(日本第2位の標高を誇る北岳よりも更に上の高さ!)更にその中の13名が富士登頂に成功。最年少はなんと5歳3ヶ月!みんなで素晴らしい結果を残してきました。
d0227298_2326888.jpg

 早朝4時集合。しかし5合目に到着してみると、なんと雨と風のお出迎え。いきなり富士登山の厳しさを全員が味わいました。雨と寒さをしのぐため、全員フル装備で登山。
d0227298_23314715.jpg

 時折青空が見えたり、雲で覆われたりと・・・。
d0227298_23412588.jpg

d0227298_2334105.jpg

 3200mまでは、本当に厳しいコース。四つん這いにならないと登れないような岩肌。見上げれどなかなか見えてこない山頂など、心が折れ、くじけそうになるような箇所の連続でした。3200mに到着したのが12時半頃。出発から6時間以上経っていました。8合目をクリアするというのは、それほど価値あることでした。
d0227298_2358221.jpg

d0227298_024195.jpg

 8合目を過ぎると、一歩一歩歩くのみ。天気も好転し最高のコンデション。しかし、泣きながら歩く子や、弱音を吐きながら歩くなど相当つらいのは間違いなし。それでも、前進あるのみ。ついていくしかありません。
 嬉しいのは、目標である山頂が見えてきたこと。但し、焦ってはいけません。ゆっくり同じペースでいかないと、高山病にかかってしまいます。休みなしで行けそうな距離もゆっくりかつ小休止を挟みながらの登頂です。
d0227298_0154859.jpg

 後に小さく見える鳥居が山頂目前の鳥居です。しかしそれまでの階段が大変苦しい。目の前でも進めない。そんな貴重な体験をみんなで味わってきました。
d0227298_021268.jpg

d0227298_0284732.jpg

 登頂以外にも楽しみはあります。ご来光です。山頂でなくても3000m付近で拝む日の出は、格別です。雲海を赤く染めながら登る太陽を一望出来ます。また夜の星空もなんとも言えません。頭上を夜空の星たちが照らします。月も自分と同じ目線ぐらいにありました!
d0227298_0314629.jpg

 全員無事下山です。ガイド3名を含む総勢22名のチームかいじゅうでした。

 今回の我々のスケジュールが一つの大きな勝因でした。
 早朝4時集合/5時5合目到着/6時前5合目出発/12時半頃3200m地点通過/15時半頃登頂/16時半前下山

 早朝に出発する事で、渋滞を避けました。8合目過ぎでは、独占状態に近いくらい自分達だけしかいなく、登りも下りも終始自分ペースで歩むことが出来ました。
 更に、天候が最高でした。出発時には雨にあったものの強い雨ではなく、比較的涼しいという状態で登山できました。また体力的につらい8合目過ぎでは、雨雲が去りお天気の中で登頂出来、始終快適な気温の中で過ごすことが出来ました。晴れ男晴れ女の集まりだったということです。

 みんなの頑張りはもちろんのこと、富士山一のガイドに恵まれたこと、天気を含む数々の好条件が重なったことが、今回の好成績の要因でした。達成感溢れる濃密な時間でした。
[PR]
by kaijyunomori | 2013-08-02 23:18 | Comments(0)