ブログトップ

横浜市:森の幼稚園&小学生アウトドアスクール かいじゅうの森船長日記

makadonia.exblog.jp

<   2013年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

東京ガス ワンダーシップ

 かいじゅうkidsがもっとも好きな場所の一つ「東京ガス ワンダーシップ」ヘ行ってきました。目的は、ビオトープ作りです。
d0227298_20123978.jpg
d0227298_20145954.jpg

 かいじゅうハウスにもこんな立派なビオトープ、池が出来れば最高ですが、ここはあくまで理想として。靴を浮かべたり、笹舟を浮かべることが出来たら最高?!
d0227298_20194160.jpg

 上の写真の池で生まれたカエルの卵です。かいじゅうハウスの池にも、こんな卵が産み付けられ、子ども達と観察出来たらいいなぁと思っています。池を通して、様々な命が育まれるというのが理想です。
d0227298_2026448.jpg

d0227298_2027205.jpg

 子ども達の楽しみは、ビオトープというよりも車の運転や、クイズ、映画など他のところにあるようですが・・・。今日の行先が、東京ガスと知ると子ども達はいつも以上にノリノリでとても賑やかでした。

 環境教育をわかりやすく伝えてくれるので、大変参考になる施設です。目的を持って尋ねると、様々な情報を提供してくれます!
[PR]
by kaijyunomori | 2013-02-28 20:29

こんな池、あんな池

 ビオトープの池作りがいよいよ始まります。どんな生き物が住み着いてくれるのか、今から楽しみです。
d0227298_16305525.jpg

 かいじゅうkids10人が入れるくらいの大きさの穴は既に掘りました。ここにどんな生き物が宿ってくれるのか興味津々です。
d0227298_16335866.jpg

 池作りの絵本を読んでイメージを膨らませました。これまでの一年間で随分多くの生き物に出会ってきました。振り返ってみると、図鑑が作れるくらいです。
d0227298_16372396.jpg

 お昼を食べてから、早速色鉛筆、クレヨンでお絵描きスタートです。お題は、池にすむ生き物です。それぞれが好きな生き物を描いてくれました。
d0227298_16392982.jpg

 みんなが描いてくれた絵は、横浜市にも提出予定です。生物多様性というと堅苦しいです。しかし、幼少時から自分たちで生き物が住みやすい環境を作るという作業は生きた知恵になっていくでしょう。この池を経由して多くの命が育まれるといいです。まさに命のゆりかごです。これからの定点観測が楽しみになってくるはずです。
d0227298_16493581.jpg

 山頂公園でムラサキダイコンの紫色の花が咲いていました。もう春です。気温もまだ寒く、辺りの景色も茶色ですが、自然はもう春の彩りを所々に、にじませています。
[PR]
by kaijyunomori | 2013-02-27 16:46

sound workshop アンクラン

 本日火曜日は、sound workshopの日です。インドネシアの楽器アンクランを使っての演奏です。
d0227298_2163158.jpg

 久々にアンクランの登場です。実にいい音がします。子ども達もこの音が好きだし、この楽器自体が好きです。自分の手から直に音を発することが出来る楽器は魅力です。
d0227298_2184266.jpg

 4グループに分かれて、一人がサークルの中央に立ってみんなの演奏を指揮しました。子ども達は自分が演奏する時は、ノリノリです。指揮者が指図をすると、そのグループが音を奏でました。
d0227298_21131060.jpg
d0227298_21144341.jpg

 面白いのは、せっかく指揮者がノリノリで指揮をしているのに、演奏する子ども達はすぐに気を緩し、注意力散漫なところが露見するところです。子どもを指揮するのは、大人でも難しいです。


 
 早いもので明後日には2月が終わり、いよいよ最終月の3月がやって参ります。残すところあとわずかです。いよいよ仕上げの月になります。マルコスさんのworkshopも残り3回です。既にこのブログでも書いているように、大きな成果が出たsound workshopです。
[PR]
by kaijyunomori | 2013-02-26 21:21

積み木

 かいじゅうkidsには、それぞれのこだわりの木と石があります。僕には同じように見える木の枝も子ども達にとっては、大違い。間違って違った枝を渡そうものなら、「違う!」と否定されます。かなりの目利きです。そんな子ども達の本日のお題は、小石拾いと火起こしでした。
d0227298_20244447.jpg

 見事な積み木!こんな実用的な積み木が他にあるでしょうか?山で拾ってきた枝で積み木をし、火をつけました。枝をきれいに積むと、火も一発で木に燃え移ります。どんな枝がいいか?どんな組み方がいいか?こんなに頭を使う積み木は他にないでしょう!
d0227298_224026.jpg

d0227298_20283787.jpg

d0227298_20295779.jpg

 火起こしというと、男なイメージがあります。しかし、実際やってみるとまさに積み木なので、きれいに枝を積み木する女子の方からすぐに火が付きました。男子も不恰好組み方ながら、問題なく火が付きました。みんな合格です。今日は前回と違って火を消さないよう、火の面倒も見てもらいました。火を消さないよう、枝を適宜足して行かなければなりません。これには根気が必要です。
d0227298_20345121.jpg

 最後は自分たちの起こした火でマシュマロを焼いて食べました。真っ黒に焦げてしまった子もいましたが、どの子もおいしそうに食べていました。
d0227298_20394386.jpg

 積み木前に子ども達に手伝ってもらったのは、小石拾い。近々芝を植える場所を整備するためです。お蔭で、きれいに整地出来ました。ここに芝を植えて、ゴールデンウィーク前頃までに青々としていると更にかいじゅうハウスも快適になることでしょう!楽しみです。
[PR]
by kaijyunomori | 2013-02-25 20:43

箸育講座

 本日は今年で3回目の箸育講座。同じ企画を同じ時期に開催していると定点観測似た面白味が出てきます。子ども達の成長が目に見えてわかって頼もしいです。
d0227298_1941585.jpg

 本企画の講師は、(株)兵左衛門さんです。福井県若狭に本社を置くお箸メーカーです。ここのこだわり一つは、100%の漆を塗料に使用していることです。毎日・毎食口にするお箸を食品の一部ととらえ「漆」を使ったお箸を使うことをお勧めされています。今回作るお箸の材料は、野球選手が折ってしまったバットです。名付けて「カットバシ」。バットの再利用です。(講師細井さんが手にしているのは、巨人高橋のバットです)
d0227298_1933444.jpg

d0227298_193514100.jpg

d0227298_19372137.jpg

d0227298_193822100.jpg
 
 講座では、お箸の文化、持ち方、マナーなど一通り学習してからお箸作りスタートです。自分の手の大きさに合わせて、箸の長さを決めます。子ども達も、小型ノコギリを使って箸を切りだしました。最後は、自分の好きなデザインで色付けして完成です。完成後、福井県の工場にお箸を発送し、6回程度の仕上げ工程を経てやっと仕上げ完成です。お届け予定は、4月中旬です。今から楽しみです。4月になる頃には、学年が変っているので、自分に対する良いプレゼントです。
[PR]
by kaijyunomori | 2013-02-24 19:39

ツバキ・椿

 サザンカからツバキの時期になってきました。3mも以上もある大きなツバキが秘密の場所にあります。真っ赤なツバキの花で、幹が見えない程です。椿は読んで字のごとく、春を告げる花です。
d0227298_2011578.jpg

d0227298_20132466.jpg

d0227298_20163419.jpg

 これだけ木一面に花が咲き乱れていると、お花取り放題です。花をとってもとってもまだあります。
 ツバキの花に首を突っ込んでいる鳥を見たことあるでしょうか?花の奥にある蜜を舐めているのです。ツバキは鳥媒花。鳥が受粉の役を担っているのです。子ども達も、ツバキの蜜を舐めてみました。どんな味がするのでしょうか?是非お試し下さい。また花には当たり外れがあります。是非当りの花をお試し下さい。当りの味がわからない方は、かいじゅうkidsにお聞き下さい。
[PR]
by kaijyunomori | 2013-02-23 20:27

上野ZOO!

 今年度3回目の上野動物園。どこにどんな動物がいるか心得ており、とってもフットワーク軽く周遊してきました。
d0227298_20181363.jpg

d0227298_20193178.jpg

 動物たちも毎回違った表情を見せます。動物の展示も、本来の生態に近く公開しているのでとても興味深いです。特に今日のような気候の良い日は、動物たちも活発でとてもユーモラスです。
d0227298_20323950.jpg

 本日のミッション成功。前回笑わすことの出来なかった、ワライカワセミを見事笑わすことが出来ました。ポイントは、ワライカワセミの警戒するポイントで騒ぐことでした。このポイントがずれると無視されるようです。ワライカワセミの目線より下に位置すると警戒するようです。
d0227298_2037080.jpg

 穏やかな日差しの下、お昼ご飯も見事に完食です。
[PR]
by kaijyunomori | 2013-02-21 20:41

紙飛行機グライダー発射!

 今日は紙飛行機グライダーを飛ばしに森林公園へ行ってきました。折り方も、形も一緒なのに何故か飛び方に大きな差が!何回も丘を登ったり下りたりと、発射の度に行き来しました。
d0227298_2024257.jpg

d0227298_20282333.jpg

d0227298_20402663.jpg

 子ども達の構えも一人前。アーチェリーをイメージするような見事な構え方です。飛行機が早すぎて、カメラには捕えきれていませんが、高く、遠くへそして長い時間飛んでいました。青空に向かって、飛ばすというのは気持ち良いものです。先週金曜から昨日まで屋内の活動だったので、のびのびと過ごせました。
 この紙飛行機グライダー、改良余地はあるのでもっと進化させたいです。いいアイデアがある方がいれば是非教えて下さい。
d0227298_2051295.jpg

 森林公園の梅も咲き始めています。甘いほのかな香りが良いです。子ども達に嗅がせると、バナナの匂いって言っていました。そんなふうに匂うのかな?
d0227298_20541272.jpg

 かわいいものを見ると、女の子のドキドキハートもドッキンドッキンです。テンションは上がります。男子は圧倒されます。
[PR]
by kaijyunomori | 2013-02-20 20:44

sound workshop(ハミング)

 今年度の火曜は雨が多い!
 本日のworkshopは、ハミングにtry!楽器がなくても、身体の一部を楽器にすることでリズムを実感。
d0227298_17413141.jpg

 ハミング中です。これまで歌ってきた歌を試しにハミング。唇がくすぐったいのか、満面の笑みです。
 歌はもちろん、ハミングもいつでもどこでも自分の気持ちを表すことが出来ます。音楽やダンスに合わせて自分を表現できるというのは、ヒトにしか出来ない行為。そんな本来ヒトが持っている能力を、このsound workshopでどんどん刺激出来ればと思っています。この4月からのworkshopで様々な変化が子ども達に起きており、しかもその変化が継続中です。楽しみとは、こういうことを言うものです。
d0227298_18105178.jpg

 口を筒にしてホッペを叩くと、これまた軽快な音が出ました。(決して自分でビンタしている訳ではないのです。)ちょっと工夫をすれば、身体の一部がすぐに楽器に早変わりです。
d0227298_18455090.jpg

 昨日は雨、今日は雪。春先のこの時期は、雨が多いです。植物にとっては慈雨です。そろそろジャガイモを植える準備もしなければなりません。
d0227298_18511075.jpg

 女の子達が手にしているのは、冷たい雪のかたまり。今日の横浜は芝生の上などにうっすらと雪が積もりました。子ども達を遊ばせるだけの積雪はありませんでしたが、雪を求めての帰り道となりました。公園に到着する頃は、みんな寒さで見事に固まっていました。それでも子ども達は雪好きです。
[PR]
by kaijyunomori | 2013-02-19 18:12

進化系紙飛行機グライダー

 今日は雨。先週に引き続き紙飛行機グライダー作りに励みました。前回のモノは、強度に難があるということで、中心に厚紙を挿入しました。今週の天気の良い日に森林公園へ行って思いっきり飛ばす予定です。3-5機は、予備が欲しい所です。
d0227298_16462110.jpg

d0227298_16481818.jpg

 どんな風に遊ぶか知っているので、とても喰いつきよく次々と紙飛行機グライダーの制作に取り掛かりました。今日で最低一人3機は作れたようです。紙飛行機の折り方も少しずつ覚え始めてくれました。折り目正しいという言葉があるように、子ども達も身近な折り目から学んでくれればいいですね。
d0227298_1653157.jpg

 午後はヤッコさん作りにもみんなが続々挑戦!カメラになったり、動物の顔になったり、変幻自在です。
d0227298_16573139.jpg

 本日の絵本は、「ターくんの小さな池」。ビオトープ作りの本でした。池を作ってそこにどんな生き物がやってくるのかが描かれていました。身近にある環境に興味を持ってくれるかいじゅうkidsです。かいじゅうハウスにもビオトープが出来れば、更に好奇心旺盛な子どもになってくれるでしょう。

 昨年に引き続き、今年も年度末に美文名文暗唱発表を行います。毎朝行っている美文名文をかなり覚えてくれています。主なところで、祇園精舎、寿限無、初恋、弁天娘、雨ニモ負ケズなど日本語のリズムを身体で吸収するkidsです。
 コマ回しもstep by stepで習得中です。いろんなことが出来るるようになる。素晴らしいことです。
 「毎日、毎日、あらゆる面でどんどん良くなっている!」そんな実感を毎日子ども達から受けています。
[PR]
by kaijyunomori | 2013-02-18 17:05