ブログトップ

横浜市:森の幼稚園&小学生アウトドアスクール かいじゅうの森船長日記

makadonia.exblog.jp

<   2012年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

かいじゅうの森バザー

 9月8日(土)11時から かいじゅうハウスで第2回かいじゅうの森バザーを開催致します。
d0227298_20484591.jpg

 生ビール、かき氷、スーパーボールすくい、輪投げ、free marketなど盛りだくさんです。
 みなさん、遊びに来て下さい。新しく改装したdoki houseもご覧下さい!
d0227298_21253824.jpg

[PR]
by kaijyunomori | 2012-08-31 21:27 | Comments(0)

五感が開く

 2日間のworkshopが終わり、サマースクール最終日は、色を多彩に使っての看板作りです。2日間の成果があらわれるでしょうか?自分たちが感じたことを色で表現するworkshopです。
d0227298_14185790.jpg

d0227298_14195120.jpg

 色を七色用意し、看板にむかいました。好きな色、好きな表現で、芸術は爆発です。
d0227298_14235934.jpg

 途中で石や壁の破片にartするなどしましたが、それでも色遣いのうまさは格別です。自由に磨かれ伸び伸びしたものになりました。2日間のworkshopの効果が早くも出たのでしょうか?、子ども達の五感が開かれたように強く思いました。五感をつかさどるのは、脳です。その中で視覚や聴覚など別々に認識するのではなく、あくまで五感がつながる、そんな感覚を子ども達から強く受けました。
 3日目にこの色のworkshopを開催して良かったです。子どもにとって、artもsoundも関係なく、ただ自分たちの感性を表現できるのが嬉しかったのだと思います。やはり表現出来る環境を子ども達に提供するのが、我々の役割かなとも感じました。
d0227298_14304866.jpg

 作った看板は、このように飾りました。いい出来栄えです。
d0227298_1432280.jpg

 こんな看板もおまけで作りました。
 みんなの感性に乾杯!です。
[PR]
by kaijyunomori | 2012-08-26 14:32 | Comments(0)

sound map 作り

 art & sound workshop 2日目は、sound map作りです。かいじゅうハウス周辺を3グループに分かれて、音を探しに行きました。聞こえた音を、色に変えてmap上に表現しました。音を色に変換です。
d0227298_12545100.jpg
 
d0227298_1255392.jpg

 聞こえてくる音に、耳を澄ませます。初日は、音を色に変換するという慣れないことに戸惑っていました。しかし、この2日目は音色、リズムをそれぞれ子どもの感性で色に変換しました。
d0227298_1373711.jpg

 かいじゅうハウスのウッドデッキで聞こえてくる音を色で表現すると、こんな風になりました。一日前まで聞こえてこなかった、ツクツクボウシの音も耳に残ります。
d0227298_13162684.jpg

 最後は、昨日作成した『絵の楽譜』で演奏です。子ども達は、2,3種類の楽器を持ち、マルコスさんの指揮で演奏しました。楽譜の場所が変ると、楽器を変えたり、リズムを変えたりなど、子ども達には、自分たちで作った楽譜が読めるようです。マルコスさんやドゥイの2人も子ども達の柔軟性に感心していました。教えたり、教えられたりの関係です。
d0227298_13282324.jpg

 2日間、先生達も子ども達もお疲れ様でした。初コラボの初企画でしたが、結果は大成功でした。
 子どものころから、先入観にとらわれない環境で様々な事を体験することは非常に貴重です。最初は、耳をひらくということがテーマでしたが、実際試みると、耳だけでなく五感がひらく、脳がひらく、そんな表現が合うようにさえ思いました。
 毎年新しい事にチャレンジしていますが、引き続き新規開拓していきたいです。子ども達にとっても大きな自信になったはずです。子どもの可能性には、未来があります。
[PR]
by kaijyunomori | 2012-08-26 13:10 | Comments(0)

耳をひらく(sound & art workshop)

 本日、明日はsound & art workshopのコラボ企画です。
 耳を開き、音に色付けする。そんな初試みの企画でした。
d0227298_2258112.jpg

 「みなさん、好きな音はありますか?」そんな問いかけから始まりました。
 「セミの鳴き声は、何色に聞こえますか?」こんな慣れない問いかけに、子ども達はどんな色を思いついたでしょうか?
d0227298_2214563.jpg

 これは、なんとマルコスさんやduiの2人が横で様々なモノを使って音を出したりリズムを刻む音を聴きながら、子ども達は色を決め、それを絵に変換しているところです。最初は戸惑っていた子達も、リズムに合わせて手や身体が動きだしました。音符♪ではなく、”絵の楽譜”です。
d0227298_22192565.jpg

 コンタクト・マイクを使ったリスニングステーションで音に耳を澄ませます。普段では、聞けない音です。良く聞こえるので、遠くの音も近く聞こえると表現するとわかりやすいでしょうか。目を閉じると、日常聞く音もこのマイクを通すと、違ったものに聞こえるから不思議です。
d0227298_224131100.jpg

 手作り集音器を使って、「好きな音探し」です。耳デカ星人がたくさん歩いているようで、絵的にもウケます。しかし、足音や水、風、草に触れる音など様々なモノが耳に飛び込んで来て、まさに『耳がひらく』体験です。

おまけ・・・
d0227298_2392366.jpg

 トイレットペーパー芯と紙コップで作った集音器でタビーちゃんにもいろいろな音を聞かせてあげたくなったようです。

 この続きが明日です。贅沢な企画です。お楽しみに!
[PR]
by kaijyunomori | 2012-08-22 22:29 | Comments(0)

流しそうめん

 この夏3回目の流しそうめんです。しかし、かいじゅうハウスで行うのは初めてでした。
 嬉しいことに流しそうめんが初めての子もいました。流しそうめんをワザワザする甲斐があるってものです。

d0227298_2045257.jpg

 竹割はいつものように。今日苦労したのは、素麺が程よく流れる傾斜作りでした。
 そんな苦労も知らず、勢いよく食べだした子ども達は、12時には既に満腹でご満悦でした。腹が減ったら食べ、満腹になったら遊びとそんな繰り返しでした。
d0227298_2052576.jpg

 流しそうめんは、いつも半分が水遊び。今日も猛暑日ということでしたが、川が出来る位たっぷりと水を使って、涼みながら遊んでいました。7,8月のかいじゅうハウスの水道代を見るのが怖い!

 猛暑日とはいえ、吹いてくる風には秋を感じた一日でした。
[PR]
by kaijyunomori | 2012-08-21 20:55 | Comments(0)

ウミウシ

 甥っ子の為にウミウシの仲間たちの写真をアップします。夏休みの自由研究で使って下さいね。
d0227298_917312.jpg
d0227298_9182799.jpg
d0227298_9201399.jpg

 真夏のこの頃は水温が29度程度まで上がり、海水浴にはもってこいです。春には海藻でおおわれている海の中も、海水の上昇に伴って海藻がちぎれてなくなり見通しが良くなっています。そんな時にシュノーケリングで、海の中の岩を一つ一つ丁寧に観察していくと、海藻の中に上の写真のようなウミウシの仲間を発見することが出来ます。

 一匹を見つけるとコツがわかり次々と見つけやすくなります。大抵は2匹が一緒にいます。産卵のために海底から浅いところまで上がってきていると聞いたことがあります。海の小さな宝石を間近に見ることが出来ると海水浴の楽しみも更に広がります。

 よく見られるウミウシは、大きさが3cmぐらいでとても鮮やかな青色をしているアオウミウシです。身体には、牛の角のような赤い触角、身体の後背面には花のような形をしたエラがあります。ちなみにウミウシは、英語でsea slug(海のナメクジ)と呼ばれています。生物学的には、貝類です。進化の過程で貝殻を失ったりしましたが、ほかの貝類とは違ういろいろな形に変化しました。

 ナメクジやカタツムリと同じ仲間です。生命の誕生が海から始まったことが直感的にわかる良い例です。恐竜博物館の資料とも合わせて学習するとオリジナルの自由研究が出来るんじゃないかと思っています。

 補足で・・・。水中の岩の上で青く蛍光色に光って見えた海藻は、ヒラワツナギソウです。残念ながらこの写真はないです。でも絵でその美しさを表現してもいいかも。
[PR]
by kaijyunomori | 2012-08-16 09:31 | Comments(0)

my水族館作り

d0227298_1229910.jpg

 こんな水族館を家に置きたい!です。子ども達が見つけてきたのは、”海の宝石”と呼ばれるウミウシ達です。この水槽には、3種類泳いでいます。
d0227298_12352331.jpg

 タコもいました。子どもでも手が届く水深1mも満たない所に、たくさんの生物が集っています。
d0227298_12382333.jpg

 ウミウシを近くで見てみるとこんなに小さくてカラフルで愛らしいです。
d0227298_12405113.jpg

 こんな風に海底を見ながら泳いでいると、いろいろな生き物に出会います。ちょっと遊んで帰ろうと思っても、はまったらなかなか帰る気になりません。興味が尽きることがありません。
d0227298_12433069.jpg

 小さい子でも安心して泳げる小さな入り江です。越前町高佐の海岸です。他に福井でおなじみの良い海岸があったら、是非教えて下さい。

 今回子ども達が見つけてきた、ウミウシは飼育がとても難しく自宅で飼うことは出来ません。でもこんな生きる宝石に囲まれて過ごしたいですよね。また次回新しい発見に出会うことが今から楽しみです。

 今週は、福井に帰省しています。お盆はお寺さんや神社、お墓などお参りしたり親戚、友達にあったりと「田舎の夏休み」を過ごしてきます。是非この感覚を子ども達に継承したいですが、可能なのか?いつも自問します。ルーツはいつまでも大切にしたいです。
[PR]
by kaijyunomori | 2012-08-13 12:44 | Comments(0)

手打ちうどん(サマースクール)

 サマースクール3日目は、手打ちうどん作り。もちろんうどん粉をこねる事から始めます。レシピは、『クックパッド』を参照です。一人100g一人前分作りました。

 ちなみに手打ちうどんは、五感を刺激する良い材料です。根気さえあれば園児でも十分おいしくコシがあるうどんを作ることが出来ますよ。
d0227298_9535614.jpg

 うどん粉、塩、水を魔法の袋に入れ良くかき混ぜ、それからは踏んで更に踏んでコシがある生地を作ります。
d0227298_957542.jpg

 生地を薄く更に薄く延ばします。
d0227298_1002792.jpg

 今回は、2-3ミリの細麺にします。みんなの包丁使いも使うたびに上手くなっています。
d0227298_1041038.jpg

 おししく出来上がりました。子ども達は、自分の打ったうどんが一番おいしいと言い張りながら、仲良く食べました。
 
d0227298_10122237.jpg

 これが出来上がりです。おいしいうどんが出来上がりました。
[PR]
by kaijyunomori | 2012-08-05 10:08 | Comments(0)

サマースクール

 サマースクール初日は、間門小学校はまっことのコラボ企画の流しそうめんでした。今年で3回目になります。(下の子が卒業するまでは、続けさせて頂こうと思っております。)
 当日100名を超す児童が集まり、大賑わいです。中には楽しみにしてくれる子がいて今年で3回目とフル参加の子もいて嬉しくなります。園児の参加は、3名!小学生に交じって行動するのは、勉強になります。といっても小学生は、優しく気遣いも出来る子が多いので、園児達はいつも以上に伸び伸びとやっていました。
d0227298_21524926.jpg

 100名の児童が目の色を変えて、流しそうめんに群がります。小学生もかいじゅうkidsが普段するように、自ら竹を割り、そうめんが流れる竹道を作りました。
d0227298_21562412.jpg

 これだけ大勢が一度に流しそうめんやかき氷を食べるのは、無理です。なので、毎年恒例のガチンコ対決です。今回は運動会の紅白に分かれて、綱引きをしました。園児達は紅組に加わりました。勝ったチームから先に食することが出来ます。
d0227298_21585734.jpg

 30度を超す暑い中でも子ども達は必死です。オリンピックイヤーです。がんばらなければなりません。ということで、本牧界隈で僕は、かいじゅうの森の園長先生というよりは、流しそうめんの先生として知られるようになってきました。
d0227298_222315.jpg

 今年も100名を超す大勢の児童で賑わいましたが、大きなケガもなく無事終了しました。来年も要請があればもちろん応えたいと思います。
[PR]
by kaijyunomori | 2012-08-02 22:04 | Comments(0)