ブログトップ

横浜市:森の幼稚園&小学生アウトドアスクール かいじゅうの森船長日記

makadonia.exblog.jp

<   2012年 02月 ( 32 )   > この月の画像一覧

雪・雪・雪!

 かいじゅうkidsの本領発揮の一日でした。雪国へ連れて行っても
きっと大丈夫でしょう!

 今日は子供たちは、大喜び。雪・雪・雪!でした。小学校に行って勉強
している上の息子がかわいそうでした。

 こんな雪は、本牧では久々ではないでしょうか?とても貴重な雪で
した。一日中ずっと山頂公園で遊んでいました。こんな時に遊べない
子ども達がかわいそうに思いました。週末だったら、みんな遊べたのに!

d0227298_21161813.jpg

 雪で遊んでいると、こんな顔も素敵です。雪が顔にぶつかって大泣き
でした。それでも温まって、空腹も満たされるとまた元気に遊び出す。
子ども力です。手がかじかんでも、顔が寒さで痛くても、服が濡れて冷た
くても、それ以上に雪遊びは楽しいです。
d0227298_21221310.jpg

 いつもの集合している公園は、一面真っ白でした。到着した組から、
雪だるま作りが始まっていました。
d0227298_21275079.jpg

 遊んで濡れたら、レストハウスで少し温まってまた出陣とその繰り返し
でした。
d0227298_2137077.jpg

 さぁ、今日はかいじゅうkids達はオウチに帰って暖かいお風呂に入
って早めにお休みしたのではないでしょうか?大人の僕も楽しい一日
でした。雪国へ行かなくてもこんなだけ雪で遊べるなんて得した気分です。
[PR]
by kaijyunomori | 2012-02-29 21:31

ジャガイモの種イモ

 今日は、かいじゅう畑に植えるジャガイモの下準備をしました。
 わかりやすくいうと、
 ①種イモを買う
 ②種イモを半分に切る(そのまま植えると芽が出すぎる為)
 ③切った面に灰を塗る(切断面の腐敗防止の為)

 幼稚園児がこの作業をするのは、なかなか大変です。重い種イモを
かいじゅうハウスまで運び、ナイフで切断して、灰を塗る。みんないい仕
事をしてくれました。
d0227298_2273884.jpg

 きっと各家庭でもナイフなど使用しているのでしょう。かなり慣れた手つき
で上手にイモを切っていました。
d0227298_2292818.jpg

d0227298_22102334.jpg

 イモをボールに入った灰にまぶす作業をみんな場所や順番のとりあいな
ど押し合いしながら、激しく作業しました。。みんな真新しい事は、大好き
です。男爵とキタアカリをそれぞれ3kg分用意しました。
d0227298_22121658.jpg

 切断面が落ち着くまで、冷暗所で1日以上寝かせます。
d0227298_22134416.jpg

 今週中には、畑に植える予定です。上手くいけば、5,6月頃には収穫
出来るでしょう。年長さんはその時は小学生ですが、それより下の子達
は、おいしいお芋を食べることが出来るでしょう。(きっと)
[PR]
by kaijyunomori | 2012-02-28 22:15

五感講座 脳科学研究者 荒木行彦氏

 今週末3月4日(日)に荒木行彦氏の五感講座があります。
最近はテレビや雑誌などメディアに登場することもしばしばの
先生です。研究中心のため、普段は講座を開くことも珍しい
のでこの機会に是非どうぞ!


時間:10:00~12:00
場所:大鳥中学校コミュニティーハウス
参加費:1500円/1家族

講座内容:五感教育と自然体験など

 かいじゅうの森ようちえんの活動で目指しているところなど
わかりやすくお話頂けます。かいじゅうの森に関心がある方も
ぜひどうぞ!
[PR]
by kaijyunomori | 2012-02-27 19:10

相撲

 子どもの古典的力比べ「相撲」を最近は、寒さしのぎでやっています。
僕が子どもの頃は、祭りには子ども相撲が付き物で、懸賞品目当てに
真剣に競っていました。男子だけでなく女子もです。そんな相撲も最近
は、少子化の影響か余り見なくなってきました。

 相撲は、下半身も丈夫になるし、お互いが真剣にぶつかることで子ども
同士の絆も深まります。
d0227298_18303153.jpg

d0227298_18322365.jpg

d0227298_183321.jpg

 最近は取り組みも上手になり、子ども相撲らしくなってきました。僕の親
戚には、相撲部屋からスカウトを受けたツワモノがいます。福井で手ほどき
を受けたら更に強くなるでしょう!

 もうすぐ3月です。昨年耕した畑の出番が近づいてきました。
d0227298_1841253.jpg

 落ち葉やヌカが上手く分解されていました。ヌカが醗酵し、漬物の蓋を
開けた時のような異臭を発していました。今となってはこの匂いも知らない
子が多いでしょう。異臭を嗅ぐことも脳には良い刺激を与えることになると、
我らが荒木先生も講座の中でコメントしていました。
 天気の様子を見て今週中には、ジャガイモを植えようと思います。ゆうち
ゃんやサラコには、残念ですが2人が卒園した梅雨入り前くらいには、
収穫できるでしょうか?楽しみです。
[PR]
by kaijyunomori | 2012-02-27 18:35

箸育講座

 今日は昨年に引き続き2回目の「箸育講座」でした。
 講師は、箸メーカー㈱兵左衛門 細井さんでした。

d0227298_2010312.jpg

 細井さんが手にしているのが、プロ野球選手が実際に使用し
折ってしまったバットです。実は今日みんなが作る箸の原料は、
この折れてしまい使用できなくなったバット達です。いわゆる
「かっと箸(ばし)」です。バットのリサイクルです。

d0227298_20233699.jpg
d0227298_2020967.jpg

d0227298_20254723.jpg

 それぞれが自分の手の大きさに合わせて箸の長さを決めて
ます。ペイントしたらオリジナル箸の完成です。

 箸育講座では、お箸の話やマナー、持ち方も親子で学ぶこと
が出来ます。お箸に関して共通の話題を家庭に持ち帰って頂け
れば幸いです。

 福井の小浜工場で丁寧に加工され4月上旬にそれぞれのお手
元に届きます。本日ご参加頂いた皆様ありがとうございました。
お箸の完成を楽しみにしていて下さい。

 
[PR]
by kaijyunomori | 2012-02-26 20:29

椿(ツバキ)の甘い蜜

 昨日の雨から一転、今日は温かい日でした。これから雨が降る度に
桜の季節が近づいてくることでしょう。

 さて、山頂公園の椿(ツバキ)は徐々に咲いてきました。鳥達も甘い蜜
に誘われて頻繁に訪れます。ワンシーズン前の蜜の甘さを知っている
子達も同じように群がります。

 山頂公園の秘密の場所の椿は、花もかなりそろってきました。たくさん
咲いているので、どの花の密を舐めようと好き勝手に出来ます。
d0227298_18423859.jpg

 きすけは、自分が舐めたその甘さをお母さんにも伝えたくて、蜜が付いた
指を大事そうにしていました。
d0227298_18445640.jpg

 ひで君も大好きなお母さんに、椿の花を大切に持って帰りました。
 かいじゅうkidsと一緒にいると、いかにみんなにとってお母さんが、かけ
がえのない存在なのかということが良くわかります。

d0227298_18343684.jpg

 一転して・・・。空高く竹登りをしているのは、りょう君です。今日で竹登り
の成功2回目です。次も恐らく登れるでしょう。実力発揮です。今のところ
てっぺんまで登ることが出来たのは、さらことりょう君だけ。ゆうちゃんは、
もう少し、ようちゃんは、ガッツです。日頃の木登りより更に難度が高いの
でみんなに挑戦して欲しいです。
 今日はたまたま陽気に誘われて、近所のおじさんが里山広場にいたの
で、無理を言って竹を一緒に持って頂きました。

d0227298_18522391.jpg

 泥団子の土作りです。今までバケツやシャベルを使ってやってきました
が、工夫の天才です。竹だけで上手く水をくみ、泥を混ぜて今まで通りに
作っていました。上手くそこにあるものを代用していました。
d0227298_1855044.jpg

 おまけの一枚。夏には作れなかった泥団子も上手く作れるようになりま
した。子ども達は、見よう見まねでどんどん吸収していく天然スポンジです。
[PR]
by kaijyunomori | 2012-02-24 18:56

HOW LUCKY YOU ARE!

 かいじゅうkidsは、幸せ者です。
 近くに動物園、水族館、博物館など素晴らしい環境に恵まれています。
地方に生まれ育ったら気軽には、これら素晴らしい環境に学ぶことは、
出来ません。しかもかいじゅうkidsは、日頃実際のフィールドで、自然界
の様々なものを体験しています。子ども一人ひとりの中で、あらゆる情報
が融合するのです。

 今日は、上野にある国立科学博物館に行ってきました。楽しすぎる短い
時間でした。博物館に来ると古今東西あらゆるものを一度に体験出来る
所が素晴らしいです。
d0227298_17124476.jpg

 子ども達のアンテナは、すさまじいです。自分達が日頃体験している情
報をかき集めて、目の前のものがどういうものなのか掴もうとします。
d0227298_17155267.jpg

 例えば上の写真は世界のマツボックリです。この中で自分達が知ってい
ものは、ほんの一握りです。世界には、こんなにたくさんのものが溢れて
います。小さい子ども達の身体の中で世界の広さを感じていました。
d0227298_1718483.jpg

 世界には、こんなにも美しいチョウが飛び交っています。子ども達は、
身近にチョウの飛ぶ美しさを知っています。容易に展示物の飛び交う
様を想像出来るでしょう。

 最後に子ども達には、こんなことを言い聞かせています。「勉強して、
おカネをた貯めて大人になったら、世界を旅行して欲しい」と!幼稚園
時にして、世界の広さや奥深さに触れることが出来るなんてとても幸運
なことです。世界はとても広いです。

 博物館はとても面白く興奮、興奮の一日でした。この興奮を子ども達と
共有出来て幸せです。
[PR]
by kaijyunomori | 2012-02-23 17:13

木の温もり

 今更ながら「木の温もり」を実感しました。

 今日は三渓園に行ったのですが、ここは100年以上の歴史を誇る所
です。京都にあるような純和風庭園ではなく、山里を感じさせるような野
趣溢れるところが、子どもを連れて行っても落ち着ける環境です。もち
ろん、歴史を感じさせる大木も多いです。

 子ども達と庭園を散策していると、顔馴染みの三渓園のおじさんが、
「木は温かい」ってことを今更ながらに教えてくれました。大きな巨木に
抱きつくと、寒空の下、木の温もりが感じられます。世の中にいろいろな
温かさがありますが、今日のような温もりを肌で覚えていると、いつか
思い出す時もあることでしょう。

 空を見上げるような大きな木を見たときに、抱きついて木肌に頬をあ
ててみると、子どもたちが今日感じたような温もりを共有出来るかもし
れません。ご家族で良い機会があれば、是非お試しあれ!

 さて、温もりシリーズです。
d0227298_20245984.jpg

 観梅会ということで、初音茶屋で温かい麦茶が振舞われていました。
茶釜で湯沸かししたお茶でした。

 心も温まる団子!
d0227298_2027442.jpg

 まさに花より団子です。今日は梅の香りを嗅ぐことをメインに出かけ
ましたが、花の咲き具合はまだまだでした。代わりに上の写真です。

 いつもは、お昼を食べたら「とんぼ池」へ行くなど移動しますが、今日
は最後まで三渓園にいました。三渓園は、まさに本牧の誇るところです。
[PR]
by kaijyunomori | 2012-02-22 20:17

テント

 今日はテント設営しました。かいじゅうハウスが出来てからは、
子ども達とテント設営をすることもなかったです。今日初めて、
テント設営する子もいました。
d0227298_18492797.jpg

 秘密基地と同じでこのような隠れ家的なものは、みんな大好き
です。3時になる前までは、このテントで今日はお泊まりすると
言い張っていました。
d0227298_18524142.jpg

d0227298_18543100.jpg

 くつろいだり、お昼を食べたりととちょっとしたピクニック気分です。

 さて、次はグロテスクなモノを!
d0227298_1856221.jpg

 森のおそうじやさんです。側溝にたくさんいました。20-30匹は、
この袋の中にいます。側溝を掃除していた公園のおじさんが教えて
くれました。このミミズは、かいじゅう菜園で働いてもらう予定です。

 今日は昨日よりも更に良いお天気で子ども達も伸び伸びとして
いました。午後は、里山広場で泥遊びをしてこのポカポカ陽気を
楽しんでいました。
[PR]
by kaijyunomori | 2012-02-21 18:58

個別ヒアリングについて

 個別ヒアリングについて

 在園、次年度入園者の保護者のみなさまへ。

 ヒアリングに関して、個別ヒアリングというつもりでご案内
させて頂きました。誤解されていた方もいらっしゃるようなので
改めて個別という点を強調させて頂きます。

 さて、当初予定していた2月25日、3月3日は、両日共に
埋まりました。もし追加でご希望の方がいらっしゃれば、3月
21日以降に対応させて頂きます。ご連絡頂ければ、日程を
調整して改めてご連絡させて頂きます。よろしくお願い致しま
す。
[PR]
by kaijyunomori | 2012-02-21 18:45