ブログトップ

横浜市:森の幼稚園&小学生アウトドアスクール かいじゅうの森船長日記

makadonia.exblog.jp

<   2011年 10月 ( 37 )   > この月の画像一覧

丸石を探せ!

 里山広場で今日もおばちゃま達のお手伝いです。今日の指令は、
「丸石を探せ!」でした。足洗い場作りの時に使用予定です。

 子どもの頭ほどの大きい石が見えるでしょうか?こんな石が土の
中にたくさん埋まっているのです。そのような石を瓦礫と共に除去
しなければなりません。
d0227298_17325066.jpg


 きすけとようちゃんは、丸石を巡って大格闘です。周りにいっぱい石が
あるのに、同じ石がいいのです。小さいきすけは、当然負けて悔しくて
大泣きです。ようちゃんも決して譲ってあげたりはしません。勝負の
世界は厳しいです。
d0227298_17344915.jpg

 シイノキの木登りはおなじみになってきました。少しでも高い所、難しい
ところに登ることが、みんなに認められる条件のようです。
d0227298_17393430.jpg


 今日のような良いお天気だと、いつまでも外にいたくなります。子ども達
もすくすく育ちます。
[PR]
by kaijyunomori | 2011-10-31 17:43

ハロウィン パーティ

ハッピー ハロウィン!
d0227298_17154351.jpg

 昨日は天気が悪い中「かいじゅうの森 ハロウィン パーティ」に
ご参加頂きありがとうございました。

 スタンプラリーには40名以上の参加を頂き、またcafe&barにも
多数ご来店頂きまさに大盛況でした。ご参加頂いた皆様、ご協力頂
いた皆様本当にありがとうございました。今後ともいろいろと企画を
考えていきますので、よろしくお願い致します。

 スタンプラリーのスタート地点の様子です。かいじゅうハウス近隣
8軒でキャンディーなどをお配り頂きました。
d0227298_17123176.jpg

d0227298_17134998.jpg


 cafe&barは、本格的料理、デザート、お酒とご来店頂いた方は
皆さん大満足のようでした。
d0227298_17185820.jpg
d0227298_1720599.jpg

 かいじゅうの森のようちえんの子どもや家族だけでなく、近隣の皆様も
含め多くの方に親しんで頂けるような空間作りに今後とも励んでいこうと
思います。よろしくお願い致します。
[PR]
by kaijyunomori | 2011-10-31 17:29

崖登り(下り)

d0227298_22404728.jpg
 
 蚊もようやく少なくなって来たので、少し藪に入り崖登りの練習です。
来春のゴールデンウィークには、山中湖で鉄人キャンプの予定です。
早速今から準備練習です。
d0227298_22381929.jpg

 ロープを使って簡単な所を上り下りできるようになると、活動範囲が
広がります。ちょっとチャレンジングなことをすると、子ども達も助け
合い、よくまとまります。幼い為、我を張りなかなか素直になれない
年頃ですが、一緒にハードルを越えることが良いようです。


d0227298_2246541.jpg

 お弁当を食べた午後からは、里山遊び広場でおばちゃん達のお手伝い
です。耕す場所から出てくる瓦礫を除去しなければなりません。子ども達
は、石拾いに精を出してもらいました。これからも手伝ってもらいます。
d0227298_22512140.jpg

 手前から3つの山がそれぞれが集めた小石の山です。それぞれ仲良く
集めたのでどれも同じくらいの量です。土を掘り返していると、いろいろな
虫達も顔を出します。楽しいひと時です。

 昨日今日ととても気持ちの良い天気でした。まさに秋の美しい一日でし
た。このような日々を是非体感して欲しいです。大人になってもその居心
地の良さや、気持ちが穏やかになる気分というのは思い出すものです。
 よく田舎の人はのんびりしていると言われるのも、そういった自然のな
せる業なのかもしれません。

 僕も社会人としてこのような時を過ごしながらも、日々の糧を得ることが
出来るというのもささやかながら、幸せなことです。「どうしてそうアホ丸出
しなの?」と怒られますが、まぁ許して下さい。
[PR]
by kaijyunomori | 2011-10-28 23:01

放射線測定機購入

 放射線測定機を購入しました。エステー化学のエアカウンターです。
d0227298_1884286.jpg

 かいじゅうの森としては、屋外の活動が多い為あくまでも目安程度に
購入しました。随時測定し確認したいと思います。測定値に関しては、
ブログ等では報告しない予定です。正式な測定値に関しては、行政の
ホームページ等で確認頂ければと思います。

付属資料として、首都大学東京 大学院 福士政広教授が監修した
小冊子の一部をご紹介します。参考までにどうぞ。


質問:洗濯物や布団は外に干しても大丈夫?
答え:2011年7月現在、空中に飛散する放射性物質はほとんどありませ
ん。あまり気にする必要はありませんが、風が強い日など、小さいお子様
がいらっしゃるご家庭などで、心配であれば室内干しをしましょう。

質問:子どもを外で遊ばせても大丈夫?
答え:避難指示区域や規制区域外はさほど過敏になる必要はありませ
ん。ただし、吹き溜まりなどで線量が高くなっている場合もありますので、
お子様が砂場や落ち葉の中などで遊ぶ場合には注意した方が良いかも
しれません。また、極力体内へ砂や土、ホコリが入るのは避けるように
して下さい。

放射線の影響を恐れるあまり、お子様を室内に閉じ込めたままですと、
ストレスがたまり、より悪い影響を及ぼす恐れがあります。リスクの大き
さを判断しながら、冷静な対応を心掛けてください。

質問:雨が降ると危険?
答え:現在は空中に飛散する放射性物質はほとんどありませんので、
雨にぬれても心配ありませんが、少しでも放射線の影響を避けると言
う意味では、なるべく雨に濡れない方が望ましいかと思います。

また、雨によって地表の放射性セシウムが移動しますので、水溜り
などで放射線量が高くなっている場合があります。
[PR]
by kaijyunomori | 2011-10-28 18:27

海は穏やか

 この秋一番の冷え込みだったようですが、湘南の海は穏やかで
とても気持ちが良かったです。ギラギラと暑い夏の海よりも、春や
秋の穏やかな海が個人的には好きです。海辺を歩きながら、きれい
な貝などを見つけたりするだけでも、とても楽しい発見があります。
d0227298_2124441.jpg

 子ども達も同じようで、広くて青い海を見ると走って入りたくなる気持ち
はよくわかります。少し遠くにはサーファーもいますが、人もほとんど
いなく、みんながゆったりと時間を過ごしているようです。
d0227298_2125193.jpg

 えのすいのなぎさの資料館に行けば、貝殻や流木など気軽に使用
できますが、本来ならば海辺まで足を運び自分達の工作の材料を
集めてくると、その過程でいろいろな想像力が膨らむのでしょう。
d0227298_2127236.jpg

 先日の山中湖のキャンプで子ども達は境川の源流を見てきました。
境川は、この海辺のすぐ近くで海と合流します。言ってみれば、こども
達は上流から下流まで見て体験してきたわけです。小学校に入り、
または中学でも上流部と下流部の違いなど多くのことを学習します。
 多くの子はその違いを映像等で頭で理解しますが、この子達は、
身体で知っています。この実体験の差は、大きくなればなるほど
広くなってくるだろうと思います。恐らく先生よりも体験の度合いで
いえば上になるかもしれません。

 10、20年先にこの子達がどのように活躍してくれるのか、見てみたい
ものです。教育の効果というのは時間がかかります。そのことを我々も
心に留め置かなければなりません。
[PR]
by kaijyunomori | 2011-10-27 21:27

ようちゃん合格!

 今日は先週から転園してきたようちゃんが初めて、根岸森林公園へ
歩いて出かけました。年中さんですが、どうなるかは実際歩いて
みないことにはわかりません。結果は元気に歩ききり、見事合格
です。8-10kmを歩ける体力は、身につけて欲しいものです。根岸
森林公園を歩いて往復出来れば、かいじゅうの森の正式なメンバー
になったようなものです。子ども達もそのように認めてくれるでしょう。
「馬肥ゆる秋」子ども達もrichになって欲しいです。

d0227298_17281491.jpg

d0227298_17353519.jpg
d0227298_17374542.jpg
d0227298_17401858.jpg


 今日はいつもより更にハードにケンケン相撲など、肉弾戦のようなこと
もしました。体当たりして転んでまた体当たりというものです。軽度の肉
弾戦に慣れれば、人数が多くなれば、騎馬乗り(このゲームをご存知で
しょうか?)など足腰が強くないと出来ないゲームなどなんでも楽しめる
ことが出来ます。

 理事のタカチャンこと高橋さん曰く、県内の学校を回ると良く聞く「転んで
も手を付けない子、うまく転べない子」など今となっては全く珍しくないよう
です。
 
 子ども達の溢れるパワーを更にみなぎる逞しいギラギラしたエナジーに
変換してあげたいです。
 
[PR]
by kaijyunomori | 2011-10-26 18:09

年少の部の募集を締め切らせて頂きます。

 恐れ多くも来春入園枠で年少の部は〆切らせて頂きます。
ありがとうございました。但し、かいじゅうの森を検討されている方
がいらっしゃると話は聞きます。もし年少入園を検討されている方が
いらっしゃいましたら、直接ご連絡頂ければ幸いです。来春スタート
までにキャンセル等が出た場合は、真っ先にお声かけ致します。

 また、年中、年長をご検討の方がいらっしゃいましたら、残り枠が
1名ありますので、お声かけ下さい。

 今年は欲張ることなく、定員の枠を堅持したいと思っています。
再来年度の定員に関しては、来春スタートしてその様子を見なが
ら増枠するか考えていきたいと思います。

 このようなことに気を使うことが出来る環境になることは、とても
有難いことです。
[PR]
by kaijyunomori | 2011-10-26 17:23

今年最後の夏日?

 今日は、非常に天気も良く暑い一日でした。今年最後の夏日になるやも
しれません。
 
d0227298_20313583.jpg

 昼食後に、シイノキに登ってデザートのシイノミをみんなでとりました。
クヌギやマテバシイと違ってそのまま食することが出来るのでお手軽
です。木がとても大きい上に登りやすかったので、それぞれが自分の
好きな所へと登り始めました。
 大きな木があると登りたくなるみんなは、とても素敵な感性を持っている
と思います。大きい幹に抱きつくようにしがみつくと、なぜか安心感を覚え
るのは、太古の昔にサル類から分岐したから?かなと思ってしまいます。
d0227298_20373451.jpg

 今日は、ジャングル探検ごっこのようなことをしました。(詳しい写真は
載せることが出来ない場所です。しかも恐らく来年人数が増えてしったら、
行けなくなるかも知れない場所です。)ロープで崖を下りおり、鎌で蔓草
をバッタバッタ切り分けながらの進軍です。夏場はとても足を踏み入れる
ことが出来ませんでした。藪蚊の問題、草が2-3mまで伸びているので
大人でさえ、立ち入ることが憚られます。

 我々は基本はあくまで公園の中の活動です。屋外活動は危険がいっぱ
いと思われがちですが、所詮公園の敷地内です。その限られたスペース
を冒険心いっぱいに溢れさせるのが、かいじゅうの森です。
 横浜市や神奈川県内の公園が全て園庭だと思って頂ければいいの
です。平日で閑散とした公園を思いっきり使いまくるのが我々のやり方か
もしれません。
 
 明日はようちゃんは初めての、根岸森林公園への遠足です。軽くクリア
してくれることを願っています。だいたいこれがクリア出来るとといろいろな
所に行くことが出来る目安になるので、是非頑張って欲しいです。
[PR]
by kaijyunomori | 2011-10-25 20:56

きすけ負傷で早退

 週明け散髪して格好良くなって登場したきすけですが、結果的に
2針縫うケガを負ってしまいました。滑って公園の蛇口に額をぶつけ
皮膚がさけてしまいました。それまで下の写真のように意気揚々と
みんな元気に活動していましたが、この明暗さに子ども達にも緊張
が走りました。

 しかし、きすけの株は急上昇です。額から血を流す程のケガをした
にも係わらず、大泣きもせず、ベソかく程度だったからです。子ども
達は口ぐちに「きすけもお兄ちゃんになったな。」と感心しきりでした。

 明日は大きな絆創膏を貼って登園してくると思いますが、きすけの
心情や子ども達の想いはどうでしょう?

 僕の子ども時代、大けがをした時、先生にみんなの前ではたかれ
たりした時など、同級生からは一目置かれた記憶があります。「
千明すごいぞ!」と今回のきすけがどのように子どもの中で評価
されるかわかりませんが、明日のそんな様子が楽しみです。

 年少のきすけは、この半年で着実にケガを重ね成長しています。
危なかった場合もありましたが、このまま小さいケガを重ねること
で、重大なケガを避ける術を身につけて欲しいです。

 さて、傷で明暗を分けましたがその明の部分の活動をご紹介
しましょう。
d0227298_22362678.jpg

 今日は、里山遊び連絡会のおばっちゃま達の公園作りのお手伝い
をしました。石を拾ったり、堆肥置き場の枠を軽トラックで運ぶなどの。
 上の写真は、アホな写真です。男の子達が「しんちゃん」のもの
真似です。全国の子達がこのようにかわいいお尻をさらしているの
でしょう。

d0227298_22384099.jpg

 トラックの後ろに乗って荷物を運ぶのは、特別な気分です。僕なんか
未だにお祭りなどの行事でトラックの荷台に乗って、風を切る時は、
気分のいいものです。子どもの喜ぶ様が良く理解出来ます。
d0227298_22403934.jpg

 山頂公園の指定管理者 横浜植木さんの多大なご支援のもと、
少しながら里山遊び広場も整備されてきています。子ども達も
泥を作ったり、石を拾ったりなど出来る範囲でこの公園作りに
係わらせたいと思っています。
 この子達が小学生や更にもっと大きくなった頃には、更に改良を
重ね素敵な空間が出来ていることでしょう。

 今日のような記事を読むと胆を冷やすお母さんがいるかもしれませんが、
実際どのような感想を持たれたか聞いてみたいです。安全に管理された
空間で幼少を過ごす子、ワイルドな空間で同じ時を過ごす子、どちらが
子どもの為になるか?答えは自ずと出ると思います。逞しく、強い子に
なれ!そういう子ども、そしてそういう家族の方を我々は求めています。
[PR]
by kaijyunomori | 2011-10-24 23:07

最終説明会

d0227298_14553715.jpg
 
 来年度入園説明会を本日終えることが出来ました。今日は、五感教育
のプロ、五感生理学研究者荒木氏を招いてミニ講演会でした。題目は、
「自然体験と脳科学」など普段なじみのないテーマを分かりやすく30分
ほどお話し頂きました。
 
 11月から在園者が5名になり、そして来季入園者8名と合わせて4月
からは、合計11名でスタートすることが出来ます。今年3名から始まった
「かいじゅうの森」ですが、来年は、その倍の人数でスタート出来るのは、
とても喜ばしいことです。

 まだまだ完成形には程遠いですが、形が出来上がるまでのプロセスを
参加者全員で楽しむことが出来たらと思います。是非皆様のご協力お願
い致します。

 最後に、今日集まり頂いた皆様誠にありがとうございました。時間配分
がうまくいかなく、会場の掃除をお手伝い頂いたり、入園受付でお待た
せしてしまったりとお手数をおかけしてしまい申し訳ありませんでした。

 今後とも「自然の中の五感教育」「少人数」など特色を追究して参り
たいと思います。よろしくお願い致します。
[PR]
by kaijyunomori | 2011-10-23 15:25