ブログトップ

横浜市:森の幼稚園&小学生アウトドアスクール かいじゅうの森船長日記

makadonia.exblog.jp

<   2011年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

Perth in Australia

じゃん!慌ただしい日程でしたがオーストラリアに行って今朝帰ってきま
した。初の南半球です。オーストラリアといえば、コアラとカンガルーです。
もちろん、会いに行ってきましたよ。
d0227298_15335231.jpg

d0227298_15343122.jpg

d0227298_15351530.jpg

最終日には、川面でぺリカンを見ました。野生のペリカンを見るのは初めてでした。
オーストラリアでは、日本でカラスやスズメを見るように極彩色のオウムな
ど日本では目にすることの出来ない野鳥も多く見ることが出来ました。

なんと今回の旅行は、マカドニアの理事であり感覚生理学の研究員である
荒木氏に同行する形で行ってきました。日産自動車の論文に応募し、数あ
る中から一つだけ選ばれました。その副賞がオーストラリア旅行でした。
d0227298_153668.jpg

d0227298_15362896.jpg

日本と違い国土が広くとっても気持ちの良い国でした。
[PR]
by kaijyunomori | 2011-07-30 15:47

蓮 ハス

三渓園で早朝の蓮の観賞会が先週より始まっています。
今週は子どもがいないので、家内と少し遅起きしながら、
行ってきました。
d0227298_8385160.jpg
d0227298_8421320.jpg

蓮の香りは特にうっとりします。
お釈迦さまが蓮の上に座っていらっしゃるのもよくわかります。
1年の中でこの時期にしか楽しめないのも待ち遠しくて
好きです。蓮、桜、菖蒲大好きな花です。
[PR]
by kaijyunomori | 2011-07-24 08:48

朝どれトマト

d0227298_8143326.jpg

昨日一昨日は、子どもを預けに実家福井へ帰省しました。
朝起きたら朝食用の野菜取りです。家のすぐ隣に畑があります。
父親が65歳を過ぎてから始めたものです。形は不ぞろいですが、
味は確かです。フレッシュなものをフレッシュなうちに頂くのは、
どんな時でもいいものです。子ども達もトマトやキュウリ、ナスなど
思い思いにとっていました。キュウリの棘が痛いのも実感です。

d0227298_821032.jpg

d0227298_831511.jpg


カエルやザリガニ、メダカなども水路にもたくさんいます。田舎に
帰るとわざわざ子どもに捕り方など教えなくても朝から網など持って
飛び出して遊んでいるところが親としては嬉しいです。

さぁ、夏休みがスタートです。子どもの成長ぶりを実感する楽しみな
時期です。心優しくも逞しく育って欲しいです。
[PR]
by kaijyunomori | 2011-07-24 08:36

サマースクールのご案内

サマースクールのご案内です。
各ワークショップの後には、その日の取り組みを
日記にしたり、絵に描いたりするなど振り返りの時間を
設けています。夏休みの宿題対策にも最適です。
定員が限られているため、お早目のご予約お願い致します。
お好きなプログラムの日をお選び下さい。

対象:小学生、幼稚園児(親の同伴は必要ありません)
時間:9:00-15:00
定員:12名
費用:3500円/1日(かいじゅうの森園児は、材料費のみ)
集合・解散場所:新本牧公園(本牧神社前公園)
持物:お弁当、飲み物、着替え、タオルなど
申込先:かいじゅうの森ようちえんホームページ
     もしくは、makadonia@softbank.jpまで

開催日・プログラム:

8月2日:手打ち讃岐うどん作り(うどん粉から作ります)
8月3日:流しそうめん(かいじゅうの森園児のみ)
8月4日:music work-shop(楽器作りなど)
     講師は、マルコス フェルナンデス氏
     横浜生まれで、30年以上カリフォルニアを始め
     世界各国でパフォーマー、プロデューサー、
     キュレーターとして活躍中。
http://www.marcosfernandes.com/bio/japanese.asp
8月5日:ソーラークッキング(太陽熱を利用し料理をします。)
      ポップコーンやゆで卵を作ったり、天気が良ければ
      カレーまで調理できる優れものです。

8月22日:手打ち讃岐うどん作り(うどん粉から作ります)
8月23日:ペットボトルロケット飛ばし
8月24日:ソーラークッキング(太陽熱を利用し料理をします。)
      ポップコーンやゆで卵を作ったり、天気が良ければ
      カレーまで調理できる優れものです。
8月25日:流しそうめん

今回の目玉は、マルコス フェルナンデス氏のmusic work-shop
です。聴覚、音に焦点をあてた取り組みです。氏のhpをご覧頂けると
更に興味が広がると思います。
但し、7月26日ー29日は海外に出かけているため
返信等連絡が遅くなります。ご了承下さい。
     
[PR]
by kaijyunomori | 2011-07-21 18:49

来年度に向けて

今日の午前中は、来年度に向けて先生達にお会いしてきました。
来年度は、園舎も出来るためアフタースクールに書道、そろばん、
英語のクラスを開設する予定です。そのためにいろいろと打ち合わせを
してきました。

詳細は秋に向けて詰めていきますが、かいじゅうの森にしかない
プログラムがいっぱいです。子どもも大人もワクワクするプログラム
です。乞うご期待!

ところで、園舎前の土地の草むしりもしてきました。数日の雨で
地面が柔らかくなり、草の根をとることも容易に出来ました。
d0227298_13592876.jpg

コンクリートのブロックをどかし、太い根を根元から抜き取りました。
畳一畳ほどの面積からたくさんの太くてたくましい根をいくつも
抜き取りました。しかし、驚いたことに土は黒く虫達も豊富で、
畑には最適です。この土地から収穫する日が待ち遠しいです。

問題はこの写真のような笹の根です。太いものが結構
あります。これらをもう少し涼しくなったら一本一本抜いて
いかなければと思っています。これは重労働になりそうです。
d0227298_1444419.jpg

[PR]
by kaijyunomori | 2011-07-21 14:08

マカドニア キャンプ

天気に恵まれ、毎日がいいキャンプ日和でした。
参加者総勢14名で大人も子ども楽しく過ごすことが出来ました。
d0227298_1833436.jpg


山登りハイキング、イワナつかみ、スイカ割り、豪華食材、
お酒、釣りなどなど大人も子ども楽しめた3日間でした。
参加者の皆様お手伝いなどいろいろありがとうございました。

d0227298_18383545.jpg

富士山眺望(?)コースです。子どもの足で往復2時間の
短いけれども、チェレンジングで充実感あるコースです。
この日は、富士山を見ることが出来ませんでしたが、
眺めは最高です。


d0227298_18401739.jpg

マカドニア キャンプ恒例行事の「イワナのつかみどり」です。
この日は30匹のイワナを捕まえては放流するという、魚には
大変でしたが、子ども達はヌルヌル感を味わうなど最高の
ひと時でした。20匹は、胃袋へ残りは放流しました。


d0227298_1846144.jpg

最終日のスイカ割り。夏定番です。おいしかったです。


d0227298_18472786.jpg

こんな大物の天然のイワナが側を流れる渓流で釣ることが出来ます。
しかも子どもでも。

今ではゲームというと,バーチャルなゲームが真っ先に思い浮かびます。
でも本当の意味では、たとえば人生というゲーム、自然の中では、釣りと
いうゲームなどなど、リアルな世界のゲームを真っ先に思い浮かべるよ
うな環境があってもいいはずです。
今回小学生でも大人より上手く何匹もイワナを釣り上げました。言葉や
表情には出さないかもしれませんが、きっと多くのものを学んでくれたと
思っています。
「自然は教科書以上の教科書である」なんども思い返すフレーズです。

最後にキャンプで数日を一緒に過ごすと子ども達は、とても仲良く
なります。大きい子は小さい子の面倒をみるなど、みんなとても上手く
遊びます。子ども達が楽しく遊んでいる姿を毎回見ることが出来る
のことが、とても充実感を感じます。
[PR]
by kaijyunomori | 2011-07-19 19:01

一学期終了

d0227298_1345761.jpg

(園舎の住所は、中区西之谷町92番地です。60m2程度の大きさです。)
 
今日で無事に一学期を終えることが出来ました。
陰日向からお支え頂いた皆様本当にありがとうございました。
わずか3人から始まったこのかいじゅうの森ようちえんも、
私を含め子ども達も大きく成長しました。様々な不安も抱え
ながらのスタートでしたが、少しずつ形になってきました。

特にゆうすけ君ときすけ君のご家族の皆様には終始温かく見守って
下さり、毎日がとても心強かったです。改めて感謝申し上げます。

また7月に入り、写真にある建物を私達が園舎として使用することが
出来ると言う願ってもいない大変ありがたいチャンスを頂くことが出
来ました。園舎を十二分に活かし、来年度入園する園児が1人でも
多くなるよういろいろな魅力を提供したいと思っています。

週末は、かいじゅうの森の子達も山中湖畔でキャンプです。
この夏にいろいろなアイデアを練り、充実した秋を迎えるように
時間をうまく利用したいです。

8月にはサマースクールも計画しています。元気にこの夏を
乗り切りたいと思います。

かいじゅうの森を温かく見守って下さる皆様、引き続きご支援
よろしくお願い致します。そして暑さで体調を崩されることなく、
毎日をお過ごし下さい。
[PR]
by kaijyunomori | 2011-07-15 14:03

江ノ島

今日も江の島へ行ってきました。絶好の海水浴日和。
お友達の親子が飛び入り参加してくれていつもより
ちょっと賑やかになりました。

子ども達の江ノ島での目的は、
・舟に乗ること。
・アイスを食べること。
・お魚を捕まえて食べること。
です。今日は無事全てをクリアできました。

小田急江ノ島駅から江ノ島までの道は子ども達にとっては、
もうおなじみのものになってきました。大人より早く駆けていきます。

d0227298_172598.jpg

こんな大きさのカニを何匹も捕まえました。海鮮汁のいいお出汁に
なりました。

d0227298_1761267.jpg

みんなで捕まえたサカナを煮えたぎるお湯に放り込みました。

d0227298_17152144.jpg

きすけも海水にはなかなか怖がって入りませんでしたが、最後は
こうなりました。

d0227298_1723750.jpg


磯遊びはいいものです。五感で味わう醍醐味があります。
d0227298_17254840.jpg

もう少し涼しくなったら、塩作りも体験させてあげたいです。
[PR]
by kaijyunomori | 2011-07-14 17:32

参加のみなさんありがとう。

かいじゅうの森たまごクラブのみなさんを始め多数参加頂き
ありがとうございました。

どこまで写真で載せていいのかわかりませんが、差しさわりの
なさそうなものをupします。

秋以降は、味噌作り、しいたけのほだ木作り、などなどいろいろ
企画を思案中です。また畑も作ろうと思っています。いいアイデ
アや力仕事系などお手伝いお待ちしています。

また園舎を一度ご覧になりたい方がいらっしゃれば、お声かけ下さい。

d0227298_2353623.jpg
d0227298_2362523.jpg

[PR]
by kaijyunomori | 2011-07-12 23:10

流しそうめんとスイカ割り

今日は無事に流しそうめんを終えることが出来ました。
ご協力頂いた方、お手伝い頂いた方々など大変ありがとうございました。
参加者は大人子ども合わせて30名を越える程の大盛況となりました。
ご参加頂いた皆様も暑い中ありがとうございました。

d0227298_22153737.jpg


普通子ども達の流しそうめんというと、大人が用意をし、子どもが食べる
というのが、お決まりパターンですが、我々は違います。食べるまでの
プロセスが大切です。ここに学ぶべき要素がたくさん詰め込まれています。

かいじゅうの子達は、食材をリアカーで運ぶの手伝う、竹を運ぶ、など
たくましい限りです。大変だけど、このプロセスが大切です。未就学児は早
いかもしれませんが、経験を積むことで学習能力は格段に上がります。
プロセスが大切だとよく話に出ますが、まさにその通りです。

d0227298_2222792.jpg


みんなで力を合わせて、孟宗竹を割りました。孟宗竹のような太くて重い
竹を割るにはやはりコツが必要です。子ども達は今まで何回も竹を割
っているのでポイントを掴むのが早かったです。

d0227298_2228591.jpg


流しそうめんがうまく流れるように微妙に節を残しながら、木槌で節取り
です。当然アドバイスを受けながらですが、子ども達は頑張って作業し
ましたよ。ここまでくれば、あとは竹を組んでそうめんを流すだけです。

d0227298_22315592.jpg


がんばりました。偉い!長いプロセスを得てやっとそうめんにあり
つけました。流しそうめんで要領がいい子は、最上流部にいくか、
最下流部にいくかです。かいじゅうの子達は、最下流部に陣とって
自分達のペースで心ゆくまで頂きました。

今日は、そうめんの他に、プチトマト、きゅうり、ミカン、パイナップル、飴、
チューチュー(チューペット)などなんでも流しました。どう?みなさん
気に行って頂けましたか?

さて、最後はスイカ割りです。これも夏の定番です。スイカが大きすぎて
子ども達の力では割れませんでしたが、スイカ割りの子達を応援する
大歓声がとどろきました。

d0227298_22373734.jpg


夏の定番流しそうめんとはいえ、学ぶことはたくさんあります。大人でも
なかなか出来ないことをやれてしまっているのは、子ども達の吸収力の
なせる業です。

きっと今日体験した子ども達は、おいしくて楽しかった以上のことを身体と
心で受け止めてくれているはずです。

難しいことは抜きにしても、参加者の皆さんが大人も子ども含めて
楽しんで頂けたことは、何よりでした。
[PR]
by kaijyunomori | 2011-07-12 22:53