ブログトップ

横浜市:森の幼稚園&小学生アウトドアスクール かいじゅうの森船長日記

makadonia.exblog.jp

<   2011年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

カタツムリ 探し nurunuru numenume

今日は、絶好のカタツムリ探し日和でした。
週末から今朝までの雨で生き物たちは、元気いっぱいです。

このカタツムリ独特のヌメリ感、ヌルヌル・ヌメヌメこんな
触覚を刺激することが大切です。まさにカタツムリならではの、
感触です。様々な感覚を経験させたいです。

ところで、一つ問題です。どうしてカタツムリは、硬い殻を背負っている
のでしょうか?(答えは一番末尾に)

きすけは恐らくカタツムリを触るのが初めてなのでしょう。見つけたのに、
全く触ろうとしません。採り方をサラ子が教えてもおっかなびっくりの
様子です。これは、そんな様子がわかる一枚です。この表情に注目です。
d0227298_2195689.jpg



サラ子は慣れたものです。余裕綽々と見つけては虫カゴに入れていました。
d0227298_21122185.jpg


カタツムリはこんな風に簡単に見つけられますが、どうやら木の種類
によって多くいる木といない木があるようです。この点は、これから勉強
します。
d0227298_21144176.jpg


今日の成果です。30分ほどで簡単にこんなに捕まえました。
d0227298_2117353.jpg


脇の池では、カルガモ親子がかわいらしく泳いでいました。このうち何羽
が無事育っていくのでしょうか?この時期はいろいろな生き物が生まれ
成長しなんとも生命力に溢れた期間です。今までこのように実感したこと
はありませんでした。愛の営み、生命の営みを実感しています。
d0227298_21213536.jpg


最後に日本のあるメーカーさんが、カタツムリを見てある凄い商品を
世の中に送り出したというお話です。その凄い商品とは、家の壁です。
雨が降れば降るほどきれいになる壁です。これは、カタツムリは
雨の中でもどうして泥など跳ねたりしないできれいなままなのかという
素朴な疑問から発展したものです。自然の中で豊かな実体験が
あればそれだけ発想が豊かになるという一例です。

(答え。それは、外敵から身を守るためです。)
[PR]
by kaijyunomori | 2011-05-30 21:41

田植え  雨

今日は雨の中、舞岡公園で田植えをしてきました。
「寒かった。つらかった。」今日の正直な感想です。
d0227298_21124684.jpg


でも最後には、こんなにきれいに植えることが出来ました。
最後の一植えの一枚です。
d0227298_21273827.jpg


ここ舞岡公園では、機械に頼らない昔ながらの手法で
米作りに取り組んでいます。
[PR]
by kaijyunomori | 2011-05-28 21:37

竹割り機

今週はこんなこともしました。
長いマダケを一度に6つの短冊に裂いてしまうのです。
何に使うかというと、それは秘密基地用です。
(流しソウメンで使うような太い竹は孟宗竹です。)
d0227298_20485516.jpg

d0227298_2053584.jpg


3匹の子ブタのワラぶきの小屋よりひどいですが、なんとか
雰囲気は醸し出しています。
d0227298_20563295.jpg
d0227298_20572469.jpg


竹に竹割り機の刃が入ってしまえば、子どもの力でも簡単に竹を
割ることが出来ます。タケの節を割る時の破裂するような音に、子どもは
大きく反応します。その音を出すと割った時に心地よい衝撃が手に響きます。
[PR]
by kaijyunomori | 2011-05-28 21:07

サクラ 絵具

今日はヌルヌル感、ベトベト感、ちょっと気持ち悪いそんな触感を意識する
ことをしてみました。

サクランボがたわわに実る今日この頃です。ということで、熟した
サクランボで絵具を作りました。
d0227298_1750694.jpg


サクラの木に登り、サクランボ集めからスタートです。サルカニ合戦の
ように、木からサクラの実をどんどん落とします。集めた実をつぶしたら
出来上がりです。
d0227298_18141.jpg


本当は、フェイスペインティングにする予定でした。サラ子は、お化粧する
なんて言っていましたが、結局お絵描きに落ち着きました。
d0227298_1853514.jpg

d0227298_1865228.jpg


サクランボの実は食べることは出来ますが、あえて食べたくなるような
味ではありません。でも食べられるし、絵も描けるし、染物も出来ると
なれば、面白い材料です。
d0227298_18101492.jpg


今年は染物にも挑戦したいです。
[PR]
by kaijyunomori | 2011-05-26 18:22

クラゲ クラフト

昨日は朝からの雨が上がらず、「えのすい」へ行ってきました。
今日感心したのは、クラゲ クラフトでした。
d0227298_17414364.jpg


実際水槽の中にいるクラゲを観察しながら、クラゲのクラフトを作りました。
水族館にいるたくさんの魚のなかにクラゲがいると、印象が薄くなり
がちですが、テーマがクラゲだくクラゲを良く観察します。

図鑑などではなく実際にあるものを見せてくれるのは水族館
ならではのこと。3人ともそれぞれいろいろ比べながら取り組んで
いました。

海で出会うと厄介者ですが、こうして見るとゆったりとしていて
見る者の心を和ませてくれます。

d0227298_17434985.jpg

[PR]
by kaijyunomori | 2011-05-25 17:46

はらっぱ銀行

今日は先週と比べると10度近く気温が下がり肌寒い一日となりました。
そんな中でも子どもたちは、いつもと変わらず元気に活動していました。

今日子どもたちが熱中したのは、お金集め。正確に言うと、小判集め。
もっと正確にいうとコバンソウをお金に見立ててそのお金を一生懸命
ポケットに詰めていました。
d0227298_165208.jpg


草花を売り買いしたり、昆虫を販売したりしていました。最後はポケット
いっぱいにした、「小判」を池に後ろ向きに投げ入れていました。コバンソウ
もこの時期の草花なので覚えておきたいものです。この名前が覚えやすい
です。三渓園なんかでは、採ることは憚られますがここ山頂公園では、
たくさん生えているのでいっぱい採集してもまだまだたくさんあります。
d0227298_16112147.jpg

(きすけは、この池に足だけですがはまりました。「海嫌い!」と泣いていました。)

昆虫探しにクズの中を分け入っていきました。クズが縦横に絡まっている
藪の中をある時はクズをくぐり、またある時は手でかき分けていました。
d0227298_16221187.jpg


うれしいことは、珍しいもの、不思議なもの、何か知りたいものなど
あれば、大きい声で呼びかけてくれたり、持ってきたりしてくれます。
ゾウムシ、てんとう虫、ナメクジなど今が旬です。図鑑片手にルーペ
を覗きながら、虫の名前など調べています。

今日はテントウムシの翅の構造が知りたかったらしく、飛ぶのを待って
翅の色や形など興味深く見ていました。足が何本あるかなど具体的に
質問していくと、より正確に対象物を見てくれています。

一緒に子ども達と活動していると、こどもの「知りたい」という欲求
がとても強いことを常に感じます。自然の中で活動していると、アン
テナが四方八方に伸びていていろいろなものがそのレーダーに
ひっかかるようです。この知りたいという欲求は、読書へとも当然
結びついて行くだろうし、何かを学びたい、学習したいという知的欲求、
知的好奇心を強くしてくれます。子どものこのような能力・欲求は
どこまでも伸ばしてあげたいです。
[PR]
by kaijyunomori | 2011-05-23 16:39

農作業

今日は作業に参加して頂いた皆様、大変ありがとうございました。
今年一年引き続き作業に参加して頂ければ大変嬉しいです。

今日は親子20名が集まりトンボ池の上流部分の整備に汗を流しました。
今までなかなか手をつけていなかったため、木が生い茂りヒトや特に
子どもが近づきにくい環境になっていました。

地元本牧の親子を中心に約2時間程度作業をしました。
大人が太めの木を切り、子どもが笹を切ったり、大人が切り倒した
木や枝をまとめ集めました。5月の連休前は、鬱蒼としていた
せせらぎ部分も日差しやそよ風が入り、作業前と比較すると
心地よい環境に生まれ変わりました。

まだ全体の中では一部分ですが、少しずつ恰好がついてくると
嬉しいです。
d0227298_18274611.jpg


キャンプもそうですが、このような作業になると大人も子どもも
それぞれの作業が在り上手く仕事を分担できるのが大変良いです。
遊びながらでもちゃんと仕事が出来てきます。作業ついでにカタムリなど
いろいろな生物にお目にかかれるのも、醍醐味の一つです。
d0227298_18304888.jpg


間門小学校の運動会が雨で延期にならなければ、来週日曜は、田んぼの
代掻きをしたいと思います。このブログを見て参加してみたいと思う方!
お声をおかけ下さい。かいじゅうの森ようちえんでも頻繁に訪れて関わって
いきたいです。

作業の後は生ビールでのどを潤しました。思いのほか作業がはかどり
気持ちの良い日曜のひとときとなりました。
d0227298_1841469.jpg

三渓園では、睡蓮が咲き誇り見た目にも、感覚的にも美しい皐月日和です。
d0227298_1836918.jpg

[PR]
by kaijyunomori | 2011-05-22 18:47

3人の子カルガモ

今日は夏日ということで、鎌倉の由比ヶ浜へ行ってきました。
まだ五月だというのに、暑い一日でした。

ところで、我らが宝の3人組随分と統制が取れてきました。統制と
いうのは、上の子が下の子を面倒を見、下の子は上の子に従う
というものです。兄弟が多かった頃や、近所のお兄ちゃん達と遊ぶ
時には、不変の鉄則です。

かいじゅうの森は、いろいろな所へ出掛けるので街中を移動することも
多いです。そういう時に子ども同士が気づかい思いやる気持ちが大切です。

きすけは、靴を履かせてもらったり、リュックを担がせてもらったりと
いつもお世話になっています。かというと、上の子がつまづいて倒れて
泣いたりすると、さすって「大丈夫?」なんて声をかけたりしています。
それぞれがそれぞれと想いのやりとりをしているようです。

最近の移動中はいつもこんな感じになってきました。今日は仲が良い時の
写真ばかりですが、仲が良くなってきただけに、最近は良く衝突もします。
でもまたこんな風にくっついているのです。

由比ヶ浜へ向かっているところです。木陰に入ると潮風が心地よいです。
d0227298_20304813.jpg


僕がテントを立ている間に3人ともサァッーと海へ入ってしまいました。
(ライフジャケットの安心感は大きいものがあります。)
d0227298_20364065.jpg


年長の2人は、腰の高さまで行ってしまいました。引いては来る波を
ジャンプして遊んでいます。さすがにきすけは、波がだんだん怖く
なってきて遠巻きにしています。
d0227298_20391642.jpg


帰り道の写真です。由比ヶ浜から鎌倉駅までは結構歩きます。
お母さん達からの「がんばりアイス」の提供です。(僕もプールや
海の帰りは、いつも冷たいものを買ってもらていました。)駅までの
中間点での一休み。馬のニンジンじゃないですが、目の前のアメは、
必要です。
d0227298_20435050.jpg


電車の乗り方も段々慣れてきました。静かにするべきところのポイントは、
掴めてきたかな?電車にはいつも、一番前か後ろに乗ります。他の乗客
が少なくご迷惑をおかけすることが、割合少ないからです。
と、まぁよくこんな風に3人頭をくっつへ合っています。
d0227298_20464317.jpg

[PR]
by kaijyunomori | 2011-05-19 20:59

真夏日?

昨日夕方からの雨で今日は朝から非常に気持ちの良い日でした。
日陰に入ると涼しく、日向に出ると暑いという高原のような
欧州のようなそんな一日でした。

もっとわかりやすくいうと、生ビールがおいしい、冷えた白ワインが
おいしい気候でした。おっと教育系のブログなので、お酒の話は
控えてきましょう。

写真の使い方がまだ分からなくシャッターが切れなく何度も
チャンスを逃しました。


3人で昨日のゾウムシを図鑑と照らし合わせて見ているところです。
カプセル式の虫メガネにゾウムシを閉じ込めての観察です。

今日はゆう君が威力を発揮!男の子からかと思いきや、お母さんに
伺うとどちらかというと虫嫌いだった。というのに昨日は触れなかった
ゾウムシを上下横と目と頭を近付けてじっくり観察していました。
まさにwatch!でした。
d0227298_204798.jpg


さてもう一枚。ノコギリ使いの写真。
年長にもなれば大工仕事も出来るようになると聞いたことがあります。
これからノコギリも使いこなし、釘も打てるようにといろいろ
仕組みを作っていきたいです。
d0227298_20515754.jpg


今日はちょっとプレイパークのように木にロープでブランコなど作りました。
ロープ使いも興味を持ってもらうようにするのもこれからの課題です。
ロープを使えるようになると崖も上り下り可能だし、工作物も作れるしと
世界が広がります。
d0227298_20552429.jpg


木に引っ掛かっている大きな枝を3人でロープをひっかけて
落としているところです。2本ロープをかけています。
d0227298_2059686.jpg


明日は遠出の日です。鎌倉の海を目指します。海水浴には、
まだまだ早いですが、様子見も兼ねて見に行ってきます。
天気も良さそうなので、ウキウキです。
[PR]
by kaijyunomori | 2011-05-18 21:02

ミッションone(ゾウムシを探せ!)

我々かいじゅうの森は、旬のものを追い求めている者。
今日は、ゾウムシを求めて山頂公園を遊びまわるゼ!

ということで、出かける前に昆虫図鑑でゾウムシとやらを
確認し出発しました。

とそこで出会ったのが、この黄色のイチゴ。キイチゴです。
ムシャムシャと僕とサラコが一番食べていました。
d0227298_2134097.jpg


さて結論からいうと、「マダラアシゾウムシ」を写真に収める
ことが出来ました。
d0227298_216452.jpg

もともと探していたのは、「オジロアシナガゾウムシ」でも写真には
収めることが出来ませんでした。

昆虫を探してどうなんの?なんて声が聞こえてきそうですが、
どうでしょうか?

まず、知らない昆虫を見つけて図鑑と照らし合わせる能力。

見つけられないヒトには、全く見つけることが出来ないものを
見つける能力。つまり洞察力。

根気良く歩き回る、知力体力、好奇心。

見つけた時の感動。発見した時の誇らしさ。

と思いつくだけでもこんなにあります。
また植物も動物も日々変化しています。
特にこの夏前の時期は、交尾したり、卵を産んだり、脱皮したりと
大忙し、植物も花を咲かせたり、実をつけたり、動物が先なのか
植物が先なのか呼応して変化しています。そんな日々の変化は、
常に「今が旬です」一年で今しか見ることが出来ません。

今日食べたキイチゴも来週には食べることが出来ないかもしれません。
このように我々は一年を通して、旬を体験していきます。
ここまで出来るのは、この僕達4人だけかもと思ってしまいます。

ということで、前回知らない虫を紹介しましたが、その虫の名が
わかりました。わからなくて当然です。幼虫だったのです。
この虫も今の時期を逃しては、成虫しか見ることが出来ない
でしょう。
d0227298_21235672.jpg


夕方雨が降った御蔭で、生き物たちも潤っていることでしょう。
明日の朝が楽しみです。どんな出会いがあるでしょうか?

旬を追い求める者一同より。

ちなみに今日のミッションはコンプリートしました。

明日につづく・・・
[PR]
by kaijyunomori | 2011-05-17 21:27