ブログトップ

横浜市:森の幼稚園&小学生アウトドアスクール かいじゅうの森船長日記

makadonia.exblog.jp

間門小学校水族館、まかどの森

 今日は地元間門小学校の水族館見学とまかどの森のアスレチックで遊びました。
 間門小学校は、全国でも有名な水族館のある小学校です。本牧の漁師さんをはじめ、地元の多くの方々の厚い支援の下、運営されています。
d0227298_20121712.jpg

d0227298_19454433.jpg

d0227298_19465117.jpg

 館内では、6年生の水族館委員の子ども達が水族館の説明をしてくれました。6年生ともなるとさすがです。水族館の成り立ちから始まり丁寧に紹介してくれました。
 館内には、タッチング出来るコーナーやサメの水槽、鉄腕ダッシュの水槽など小学校の水族館には、あまりに立派な施設です。このような環境に恵まれている小学生が羨ましいです。ちなみに間門小学生の魚に関する知識レベルは高く、水族館を上手く教育資源として活かしているようです。
d0227298_19571017.jpg

d0227298_2032132.jpg

 子ども達が今日一日で最も興奮したのは、ターザンロープなどのアスレチックではなく、まかどの森の崖でした。落葉がたくさん敷き詰められていて天然の滑り台と化しています。崖の上からロープを垂らし、ここを上り下りしていました。ロープなしではとても登れるような斜面でなく、しかも登れないから何度も転げ落ち、またそれが楽しくて・・・と頭から落葉にまみれになっていました。
 臨場感にあふれる文章力もカメラ力もなく残念。間門小の教育資源もかいじゅうの森の教育資源として上手く活用していきたいです。カワセミもいる小学校です。活かした方は、指導者次第です。
[PR]
by kaijyunomori | 2012-12-12 20:09
<< 東京ガス ワンダーシップ レコーディング >>